LINEで届くeお届け通知:受取人の名前が合わない時の対応方法

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

郵便局・郵便

LINEを通じて受け取る「eお届け通知」で、
ゆうパックの到着が告知されるものの、
問題は受取人の名前が記載されたものと異なることです。

配送情報を確認しようとすると、
郵便番号は正しく一致しているにもかかわらず、
受取人名が異なるために困惑しています。

このような状況に遭遇した場合、
どう対応すればいいのでしょうか?

eお届け通知での名前不一致の問題

LINEの「eお届け通知」サービスを利用する際、
ゆうパックの受け取り情報を入力すると、
時折名前が一致しない問題に直面します。

名前が一致しないと、
配達日の調整などが行えない事態になります。

この問題の根本的な原因は主に以下の二点です。

受取人名の入力間違い

eお届け通知で名前を入力する際には、
送り状に書かれた情報を基にする必要がありますが、

名前の書き方(漢字、ひらがな、カタカナ、ローマ字など)
によって、一致しないことがよくあります。

送信者の電話番号入力ミス

eお届け通知が届く仕組みとして、
「ゆうびんID」の登録や、
LINEアカウントに電話番号を登録している場合、

その電話番号が
配送伝票に記載されている電話番号と一致すると
自動的に通知が届きます。

しかし、電話番号を誤って登録することで、
正確な荷物追跡情報が得られなかったり、
間違った荷物の情報が届くことがあります。

eお届け通知で名前が一致しない場合の対処法

LINEのeお届け通知で名前の不一致に遭遇した場合
送信者の電話番号の誤りや
受取人名の入力ミスが原因と考えられます。

また、eお届け通知を行っている郵便局の
LINEアカウントが正規のものかどうかは、
アカウント名の左側にある公式マークの有無で判断できます。

公式マークには緑色やグレー色の
バリエーションがあります、
それぞれがアカウントの公式性を示しています。

したがって、受け取ったeお届け通知が
本物かどうかを確認する際には、

この公式マークをチェックすることが重要です。

名前の不一致に対処するには、
まずは通知の詳細を確認し、
自分宛の荷物であることを確かめることが大切です。

その上で、送信者や日本郵便に連絡を取り、
名前の不一致が生じた原因を解明し、
適切に対応を求めることが推奨されます。

また、受け取り手続き中に名前の入力方法に注意し、
送り状に記載された名前の表記方法を確認することも、
問題を未然に防ぐために役立ちます。

このように、LINEのeお届け通知サービスは非常に便利ですが、
稀に名前の不一致のような問題が発生することがあります。

その際には冷静に対処し、
必要な手続きを進めることで、
スムーズに荷物を受け取ることができるでしょう。

まとめ

LINEのeお届け通知サービスは、
スマホアプリ「LINE」を介して、

日本郵便からゆうパックの配送情報を
受け取れる便利な機能です。

この通知を利用して、
直接配送日時や受け取り場所の指定が可能になり、
手続きが格段に簡単になります。

これにより、再配達の必要性が減少し、
受取人と配送業者双方にとって有益なサービスとなっています。

 

タイトルとURLをコピーしました