プール利用時の財布の管理:電子マネー活用とロッカーの利用について

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

テーマパーク
スポンサーリンク

水泳施設に行く時、皆さんは財布を
どうしていますか?

泳いだあとに何か買いたくなった時、
手元に財布があると便利ですよね。

しかし、貴重品をプールサイドに
置いておくのはリスクが高いです。

そんな時、どう対応すればいいので
しょうか。

この記事では、水泳施設での財布の
管理方法、電子マネーの使い方、
ロッカーの活用方法について紹介します。

水泳施設で財布をどう管理するか

水泳施設での財布の扱い方に困ったことは
ありませんか?

水に濡れたり、盗まれる心配があるため、
プールサイドには置きたくありません。

でも、食事やショッピングも楽しみたい
ですよね。

そんな時は、まず大事なものや大金は
安全なロッカーに預けましょう。

そして、持ち歩くのは必要最低限の
現金にしましょう。

もし失くしてもダメージが少ない
ように、持ち歩く現金は少なめに
するのが賢明です。

財布の持ち運びについてのアドバイス

プールサイドで財布をタオルの上に
置いておくと盗難の恐れがあるので
おすすめできません。

面倒かもしれませんが、盗難防止の
ためには防水ケースを使って身につける
ことが一番安全です。

シンプルなジップロックバッグでも
大丈夫ですし、100円ショップで
手に入る防水ケースを使うと更に
便利です。

貴重品を入れて、首から下げられる
防水ケースを選ぶと、海やプールでの
活動に非常に役立ちます。

ロッカーの使用法

通常、ロッカーは開けるたびに料金が
発生するため、最小限の荷物だけを
持って行く方が多いです。

しかし、最近では一日中自由に開閉
できるロッカーを提供しているプールが
増えています。

としまえんやサマーランド、よみうり
ランドでは、特定の条件のもとで自由に
開閉できます。

貴重品の盗難や紛失が心配な場合は、
休憩以外の時間はロッカーに預け、
使用後はしっかり施錠すると安心です。

持ち歩くと良いもの

基本的に、小銭だけを持ち歩くことを
おすすめします。

紙幣は濡れるリスクがあるので、事前に
500円玉に両替しておくと便利です。

また、ロッカーを利用する際に必要な
100円玉も忘れずに用意しましょう。

使用する予定の金額は、前もって
概算しておくことが大切です。

食堂や売店での支払いに必要な金額を
把握しておくと、予算を立てやすく
なります。

プールでの時間を楽しむためには、
ロッカー代と食事やスナックにかかる
費用を事前に考えておくと良いでしょう。

個人差はありますが、一人あたり2000円
から3000円あれば充分楽しめます。

また、プールの外で食事をすることも
一つの楽しみです。

このように計画を立てることで、
水泳施設での一日をより楽しむことが
できます。

家に置いていくべきもの

プールに持っていく必要のないものは、
最初から家に置いていきましょう。

使わない予定の貴重品や大金は、すべて
ロッカーに入れることをおすすめします。

たとえば、次のようなアイテムです。

– クレジットカードやデビットカード
– 高額な紙幣
– 運転免許証や保険証などの身分証明書
– 印鑑

プールでの電子マネー使用について

プールを訪れる前に、施設内で
電子マネーが使えるか確認しておくと
良いでしょう。

最近は電子マネーを受け付ける施設が
増えており、手持ちの現金を防水ケースに
入れて持ち歩く必要がなくなります。

SuicaやPASMOのようなカード一枚で
済むので、より手軽に過ごせます。

ただし、施設によっては利用できる
場所が限られている場合もあるため、
事前にチェックすることが大切です。

キャッシュレスタグの利用

としまえんのように、腕に付ける
リストバンド型のキャッシュレスタグを
導入している施設もあります。

これはプリペイド方式で、園内の
さまざまな店舗で使用でき、帰る時に
タグを返すと未使用分が返金されます。

総括

プールで財布を安全に管理する方法に
ついてご紹介しました。

久しぶりのプール訪問でのトラブルは
避けたいものです。

電子マネーやロッカーなど、便利な
ツールを上手に使って、安心して
楽しい時間を過ごしてください。

持ち物はなるべく少なくすることから
始めると良いでしょう。

快適なプールタイムをお楽しみください。

タイトルとURLをコピーしました