どの風速で洗濯物を外に干すのが適切?風速6mや風速7mの時は外に洗濯物干さない方が良い?

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

洗濯
スポンサーリンク

外での洗濯物を干す際、風速は重要な要素です。

風速が6mを超える場合、特に注意が必要ですが、
それでも外干しは可能です。

どの風速で洗濯物を外に干すのが適切?風速6mや風速7mの時は外に洗濯物干さない方が良い?

風速4mや5mであれば、
軽い風の下で洗濯物を干すのは
一般的に問題ありませんが、
黄砂の存在がある時は
避けたほうが良いでしょう。

風速6mや風速7mの時

風速が6mや7mでも、
洗濯物をしっかりと固定すれば
外干しは可能ですが、周囲の条件によっては
洗濯物が飛んでしまう危険や、
人に当たるリスクもあります。

また、見えない汚れが付着しやすくなるため、
環境を良く観察し、洗濯物を外に干すかどうかを
慎重に判断することが大切です。

風速が4mの場合は、
通常は安全に干せるでしょう。

風速ごとの洗濯物干し基準

以下は、風速に応じた
洗濯物干しのガイドラインです。

– **風速6m、7m**:

このレベルの風速では、
洗濯物を外に干すことは可能ですが、
砂塵や黄砂のある時期は避けた方が無難です。

– **風速5.5m〜8.0m**: 

砂塵が舞い、小枝が揺れるような風の中では、
洗濯物が飛ばされないように
しっかりと固定することが必要です。

– **風速5m以下**:

葉が揺れる程度の軽い風で、
洗濯物を安心して外に干すことができます。

 

洗濯物が飛ばされるリスクも考慮が必要です。

 

タイトルとURLをコピーしました