上司の異動に贈るギフトとメッセージ例:心温まる感謝の言葉

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

例文

会社で働いていると、転勤や異動はよくあることです。

そして、上司もその例外ではありません。異動が決まった上司には、部下として直接お礼を伝えるのはもちろんですが、贈り物にメッセージを添えることもあります。

では、どんなメッセージが適しているでしょうか?上司が異動するときに贈るメッセージのポイントと、例文をご紹介します。

上司が異動するときのメッセージで重要なポイント

異動する上司へのメッセージには、次の3つの要素を盛り込むと良いでしょう。

– これまでのサポートへの感謝の気持ち
– 上司の異動を惜しむ心
– 新しい職場での成功を願う言葉

感謝の気持ちの伝え方

会社で仕事をする上で、上司の助けは欠かせません。だからこそ、異動する上司には感謝の言葉を伝えることが重要です。

上司の異動を惜しむ気持ち

上司がいなくなるのは寂しいものです。特に、日頃から指導を受けてきた上司であれば、その存在が恋しくなるでしょう。

新しい職場での成功を願うメッセージ

異動する上司には、新しい職場での成功を願う言葉で締めくくるのが良いでしょう。健康や幸せを祈る言葉もおすすめです。

上司との思い出や、感謝のエピソードを添えると、メッセージに個性が生まれ、上司にも感謝の気持ちが伝わりやすくなります。上司との特別なエピソードや、忘れられない出来事を書いてみると良いでしょう。

上司の異動に贈るメッセージの例

上司といっても、関係の濃さはそれぞれです。

そのため、メッセージは相手との関係に合わせて
工夫する必要があります。

ここでは、親しい上司と、あまり親しくない上司への異動の際のメッセージ例をいくつか紹介します。

親しい上司の場合

親しい上司には、一般的なマナーを守りつつ、比較的自由に書いても問題ありません。ただし、ビジネスの関係であることを念頭に、丁寧な言葉遣いを心がけましょう。

– 「○○課長、今まで本当にお世話になりました。○○の件ではご迷惑をおかけしましたが、その際にご指導いただいたこと、今も覚えています。新天地でもお元気で。」
– 「○○課長、これまで○年間ありがとうございました。○○課は課長のおかげで、毎日が楽しく、仕事がしやすい環境でした。課長がいなくなるのは寂しいですが、新天地でも頑張ってください。」
– 「○○課長、これまで大変お世話になりました。課長が異動されるのは本当に寂しいです。新しい職場でもお元気で、また出張の際には一緒に飲みに行きましょう。」
– 「○○課長、○年間ありがとうございました。入社当初からお世話になり、今の自分があるのは課長のおかげです。これからも、いただいたアドバイスを忘れずに頑張ります。新天地でのご活躍をお祈りしています。」

親しくない上司の場合

あまり親しくない上司へのメッセージは、無難で失礼のない内容を選ぶと良いでしょう。

– 「○○課長、今までお世話になりました。熱心なご指導に感謝しています。新しい職場でも、お身体に気をつけて頑張ってください。」
– 「○○課長、これまで○年間ありがとうございました。短い間でしたが、課長の元で働けて光栄でした。これからも健康に気をつけて、頑張ってください。新天地でのご活躍をお祈りいたします。」
– 「○○課長、○○へのご栄転おめでとうございます。長い間のご指導、ありがとうございました。新天地でのご活躍をお祈りいたします。」

あとがき

上司の異動は、部下にとっても影響があります。

送別会などでプレゼントを贈る際も、上司への感謝の気持ちを大切にし、心を込めて送り出したいものです。遠方に異動しても、将来的にまた関わるかもしれません。そのため、良好な関係を保つよう心がけましょう。

タイトルとURLをコピーしました