国際線航空券予約にパスポート番号は必須?JALとANAの例を見てみよう

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

飛行機
スポンサーリンク

国際線航空券を予約する際、パスポート番号が
必ずしも必要とは限りませんが、必要な場合もあります。

特に、パスポート申請中であっても
JALやANAなどの航空会社で予約が
可能かどうかは注目されるポイントです。

国際線航空券予約時のパスポート番号の取り扱い

一般的に、国際線の航空券予約にパスポート番号は不要です。

しかし、予約サイトや航空会社によっては、
パスポート番号の入力が求められることがあります。

事前にパスポート番号を
登録しておくメリットは以下の通りです。

  • 名前のスペルミスを防ぐことができます。
  • チェックインがスムーズに進みます。
  • マイレージプログラムへの登録が容易になります。

搭乗時のパスポート番号の必要性

搭乗時には、パスポートを提示して、
係員がパスポート番号と名前を照合します。

もし番号が一致しない場合、
搭乗を拒否される可能性があります。

事前に登録するメリット

航空会社のウェブサイトでパスポート番号を
事前に登録しておくと、チェックインが迅速に行えます。

これは特に混雑する時間帯に有利です。

マイレージプログラムにもこの番号が必要になります。

マイルの蓄積

マイレージプログラムに参加していれば、
フライトのマイルが蓄積され、後で特典航空券や
アップグレードに使えるようになります。

パスポート番号を入力するタイミング

  • 予約時の入力:予約時にパスポート番号を入力することで、名前の綴り間違いを防ぎ、マイレージ登録がスムーズに行えます。
  • 発券時の入力:一部の航空会社では、航空券の発券時にパスポート番号の入力が必須です。パスポート番号が不明な場合は、発券後に追加で登録することができます。
  • チェックイン時の入力:チェックイン時にもパスポート番号を入力することが可能ですが、その場合は手続きが時間を要することがあります。

国際線航空券予約時のパスポート番号の扱い:ANAとJALの例

ANAでのパスポート番号の取り扱い

ANAで国際線航空券を予約する場合、
パスポート番号が未取得でも予約が可能です。

ただし、予約時の名前と生年月日は
パスポートに記載予定の情報と
完全に一致していなければならず、
一文字の違いも許されません。

搭乗が拒否されるリスクがあるため、注意が必要です。

また、後日パスポート番号を追記する必要がある場合は、
連絡があります。

JALでのパスポート番号の取り扱い

JALでは、海外パッケージツアーの予約に際して
パスポートがまだなくても予約は可能ですが、
出発前には有効なパスポートを用意する必要があります。

予約時には、申請する予定のローマ字名で
正確に登録することが求められます。

また、パスポート情報が必要となるコースもあり、
その場合は予約後に連絡があります。

国際線航空券とパスポートに関する注意点

パスポートの有効期限

国際線航空券を購入する際には、
パスポートの有効期限が重要です。

航空券の利用期限は、
パスポートの有効期限を超えて
設定することはできません。

通常、搭乗時にはパスポートの有効期限が
少なくとも6ヶ月以上残っている必要がありますが、
行先の国によって異なる規則があるため、
予約前には必ず確認してください。

航空券とパスポートの名前

航空券に記載される名前は、
パスポートに記載されている名前と完全に
一致する必要があります。

名前のスペルが一文字でも異なると
搭乗を拒否されることがあります。

名前が変更された場合は新しいパスポートを
取得する必要があります。

パスポートの残存ページ数

多くの国では、
入国時にパスポートの空白ページが
最低1ページ必要とされています。

パスポートのページ数が不足している場合は、
新しいパスポートを事前に取得することが重要です。

また、航空会社によっては特定のページ数要件を
設けていることがあるため、航空券を購入する際は
これを確認することも大切です。

 

国際線航空券予約時のパスポート番号の扱いについて

国際線航空券を予約する際、
パスポート番号が必要かどうかというのはよくある疑問です。

パスポート番号を航空券購入時に
提供することが推奨される主な理由は、
名前のスペルミスや予約名との不一致がある場合、
本人確認の問題を避けるためです。

ほとんどの航空会社ではチェックイン時に
パスポート情報を要求するため、
事前に登録しておくとチェックインがスムーズに行えます。

パスポート番号がない場合でも
航空券の購入自体は可能ですが、
チェックイン時に遅れが出ることがあります。

航空券購入時には
通常パスポート番号は必要ないものの、
一部の国や航空会社では予約時に
この情報を求められることがあります。

特にロシア系の航空会社では
パスポート番号がないと航空券が
発行されないこともあるため、注意が必要です。

また、パスポートの名前の表記は
通常ヘボン式ローマ字で行いますが、
国際結婚や二重国籍など特殊な状況で
公的記録上の名前が異なる場合、
また結婚などで姓が変わる場合があります。

家族旅行の際は、全員の名前を統一した表記で
予約することが推奨されます。

タイトルとURLをコピーしました