iPhone(iOS 17.5)でトラッキング設定が利用できない?

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

iPhone
スポンサーリンク

 

最近、iPhoneをiOS 17.5にアップデートしたユーザーから、
トラッキング設定が有効にできないとの報告が相次いでいます。

iOS 17.5ではトラッキング機能の検出が強化されたものの、
バグが原因でトラッキングをオンにすることが
困難になっているようです。

iPhone(iOS 17.5)バグによるトラッキング設定の問題とその対処法

この問題を解決するために、以下の手順を試すことをお勧めします:

  1. メディアと購入からサインアウトする方法:
    • 「設定」アプリを開いて、自分のApple IDを選択します。
    • 「メディアと購入」セクションに進み、「サインアウト」を選択します。
    • 確認メッセージが表示されたら、再度「サインアウト」をタップします。
  2. 再サインインする:
    • サインアウトした後、同じApple IDで再度ログインします。しかし、この方法は一時的な解決策であり、問題が再発する可能性があります。

iPhone(iOS 17.5)でトラッキング設定が利用できない?問題の検証

2024年5月14日、AppleはiOS 17.5および
iPadOS 17.5をリリースしました。

このアップデートには
新しいプライバシー機能が含まれていますが、
トラッキング機能に関連する問題が報告されています。

特に、「プライバシーとセキュリティ」の設定で
トラッキングオプションがグレーアウトしてしまい、
利用できなくなる事例が多く見られます。

トラッキング問題の詳細

iOS 17.5にアップデートしたユーザーから以下のような問題が報告されています。

トラッキングオプションのグレーアウト

トラッキング関連のオプションが選択できなくなり、トラッキングを許可するスイッチがオンにできません。

Apple IDのエラー表示

正しい生年月日がApple IDに登録されているにもかかわらず、「Apple IDに年齢情報が登録されていないため、
この設定は変更できません」というエラーメッセージが
表示されるとの報告があります。

バグの原因

この問題の根本的な原因はまだ確定していませんが、
iOS 17.5特有のシステムバグやAppleの
サーバー側の問題が考えられます。

 

iPhone(iOS 17.5)のトラッキング機能について

トラッキング機能とは、気付かないうちに
周囲の他人のBluetoothトラッカーを検出し、
それがあなたと共に移動している場合に警告を発する機能です。

たとえば、誰かがあなたのバッグに
AirTagをこっそりと入れた場合、
そのAirTagがどこへ行ってもあなたを
追跡し続けることが可能です。

これは大きな安全リスクです。

iOS 17.5のトラッキング機能は、
このような不正な追跡を防ぐために開発されました。

トラッキング機能の動作原理

  • 検出: iPhoneは常時、周囲のBluetoothトラッカーをスキャンします。
  • 通知: あなたに関連のないトラッカーが一定期間あなたと共に移動していることが検出された場合、「このトラッカーがあなたと共に移動しています」とiPhoneから警告が出されます。
  • 対応: 通知を受けた後、そのトラッカーの詳細情報を確認し、無効にするための手順を実行できます。必要に応じてトラッカーから音を鳴らし、発見を容易にすることも可能です。

対象となるトラッカー

この機能は、AppleのAirTagだけでなく、
Chipolo、eufy、Jio、Motorola、Pebblebeeなど、
様々なメーカーのBluetoothトラッカーに対応しており、
幅広いトラッカーの検出が可能です。

AppleとGoogleの協力

AppleとGoogleは、
「Detecting Unwanted Location Trackers」という
業界標準を共同開発し、iOSとAndroidデバイスで
不正な追跡を検出した際に、プラットフォームに
関係なくユーザーに警告を提供するようにしています。

これにより、ユーザーの安全が一層強化されています。

タイトルとURLをコピーしました