送別会後に贈るお礼と感謝のメール!書き方と例文ガイド

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

未分類

送別会を終えた後、心を込めたお礼のメッセージは非常に大切です。

心温まる送別会を企画してくださった皆さんに、
どのように感謝の気持ちを伝えるかが重要です。

送別会の幹事、頼りになった上司、そして
職場の同僚への感謝のメールを考えてみませんか?

どのようなメールを送るべきか迷っている方のために、
送別会のお礼メールの書き方と具体的な例文を紹介します。

送別会後のお礼メール(幹事宛)の書き方と例文

– 送別会の翌日、遅くても2日以内に送信しましょう。
– 会の企画に対する感謝の気持ちを伝えましょう。
– 3つの感謝の言葉を盛り込むと良いです。
– 新たなスタートへの抱負を書き加えましょう。

幹事の仕事は、準備から当日の運営、
参加者のフィードバック収集まで、多岐にわたります。

会場選定、日程調整、進行管理、費用の支払いなど、
様々な業務をこなします。

このため、感謝の言葉を忘れずに伝えることが大切です。

素敵なお礼メールには、最低3つの感謝のポイントを含めると効果的です。

以下の例文では、これらの要素を活かし、
幹事への感謝と尊敬を表します。

例文:
昨日は、送別会の幹事を務めてくださり、本当にありがとうございました。特別な会を企画していただき、心から感謝しています。料理はとても美味しく、特に刺身の盛り合わせは絶品でした。参加者全員が満足しており、皆様のおかげで素晴らしい時間を過ごせました。個性豊かなメンバーをまとめるのは大変だったと思いますが、おかげで本当に楽しい時間を過ごせました。これから新しい場所での仕事ですが、皆様のことは忘れません。今後も益々のご活躍を祈っております。これからもどうぞよろしくお願いします。

送別会後のお礼メール(上司宛)の書き方と例文

– 送別会の翌日に、遅くとも2日以内に送信しましょう。
– 送別会の企画と参加に対する感謝を伝えましょう。
– これまでの指導やサポートに対する感謝の気持ちも忘れずに。

以下の例文では、これらのポイントを取り入れ、
上司への感謝と尊敬の気持ちを表現します。

例文:
昨日は送別会を開催していただき、ありがとうございました。お忙しい中、送別会にご参加いただき、改めて感謝申し上げます。とても楽しい送別会でした。振り返ると、部長からいただいたたくさんの励ましと指導が思い浮かびます。これらの教えを活かして、今後も精進していきます。今後とも変わらぬご指導を賜りたく、お願い申し上げます。

送別会終了後に社内向けに送る感謝メールのポイントと例文

– 送別会の翌日から、遅くとも1週間以内にはメールを送りましょう。
– 送別会を開催してくれたことへの感謝を表現しましょう。
– 送別会に足を運んでくれた皆さんへの感謝も忘れずに。
– これまでの長い期間にわたる指導やサポートへの感謝も伝えましょう。
例文:
昨日の送別会を開催していただき、ありがとうございました。忙しい中、送別会にご参加いただき、重ねて感謝します。非常に楽しい送別会でした。これまで、皆様から受けた温かな支援と指導のおかげで日々の業務を遂行できていました。心から感謝しています。これまでの経験を新しい場所でも活かし、頑張りたいと思います。今後ともご指導をよろしくお願いいたします。

送別会のお礼メールの書き方について

送別会のお礼メールに関するアドバイスをご紹介します。

送別会のお礼メールは必要か?

送別会ですでに感謝の言葉を述べている場合、
お礼メールを送る必要は特にありません。

送別会は、職場を離れる人を見送るためのイベントで、
通常、送る側と送られる側の双方から挨拶があります。

しかし、改めて感謝を伝えたい場合は、
手紙よりメールを選ぶのが良いでしょう。

手紙よりメールが適している理由

手紙は丁寧さを印象づけますが、
時間が経つにつれ送別会の感動も薄れがちです。

職場を去る際は、送別会の翌日までに
お礼のメールを送るのが適切です。

メールの件名の決め方

件名は、分かりやすさが最重要です。

ややこしい件名は迷惑メールと誤解されることもあります。

受信時に内容がすぐに理解できるような件名が望ましいです。

(例)
・昨日の送別会への感謝(名前)
・送別会のお礼(名前)
「送別会」と「(名前)」を件名にすると分かりやすいです。

メールに含めるべき内容

お礼メールには、以下の内容を盛り込むと良いでしょう。

– 送別会を開催してくれたことへのお礼
– 長い間のサポートへの感謝
– 自身の将来の展望
– 相手の幸福や健康を願う言葉

 

送別会後に送る感謝メールの例:幹事、上司、職場の皆様宛

送別会が終わった後に、幹事、上司、そして職場の皆様への
感謝の気持ちを伝えるメールの例文を紹介します。

幹事への感謝メール例文

〇〇さん、こんにちは。〇〇です。
送別会を企画していただき、本当にありがとうございました。皆さんと過ごした時間は、私にとって大切な思い出です。美味しい料理も、楽しいひと時も、〇〇さんのご尽力のおかげです。心から感謝しています。
これから新しい環境での生活が始まりますが、ここで学んだことを大切にしていきます。〇〇さんの今後のご成功とご健康をお祈りしています。お世話になり、ありがとうございました。

上司への感謝メール例文

〇〇課長、こんにちは。〇〇です。
昨日の私の送別会、素晴らしい時間を提供していただき感謝します。入社初日からのご指導、心から感謝しています。来月から〇〇で新たなスタートを切りますが、課長に学んだことを忘れず、頑張ります。
長い間、本当にお世話になりました。〇〇課長のさらなるご活躍と健康を願っています。ありがとうございました。
〇〇部 〇〇〇〇

職場全体への感謝メール例文

〇〇部の皆様、こんにちは。〇〇です。
昨日の送別会、ご参加いただきありがとうございました。〇年間のご支援とご指導に深く感謝します。得た知識と経験はこれからも私の財産です。ありがとうございました。
新しい職場での勤務が始まりますが、ここで学んだことを活かして頑張ります。皆様のご活躍とご健康を心から願っています。ありがとうございました。

お礼メールの必要性について

通常、送別会で直接感謝を伝えることが多いので、
お礼メールを送る必要はないとされています。

しかし、当日参加できなかった方や
十分に気持ちを伝えられなかった場合は、メールが適しています。

送別会の翌日までにお礼メールを送ると良いでしょう。

上記の例文はあくまで参考ですので、状況や会社の文化に合わせて
自由にカスタマイズしてお使いください。

タイトルとURLをコピーしました