お気に入りの傘を長く使いたい!傘の寿命を延ばす5つのコツ!

アフィリエイト広告を利用しています

未分類

雨の日にはもちろん、日差しや雪などにも守ってくれる傘。
私たちの生活に欠かせない存在ですよね。

でも、傘は使い方や保管方法によっては、あっという間に壊れてしまうこともあります。

せっかく買ったお気に入りの傘を、長く使って楽しみたいと思いませんか?

そこで今回は、傘を長持ちさせる簡単なお手入れ方法を5つご紹介します。

これであなたも、傘との長い付き合いができるようになりますよ!

傘を開くときはゆっくりと

傘を開くときには、力を入れすぎずにゆっくりと開きましょう。

特に自動開閉式の傘は、ボタンを押すだけで開閉できるので便利ですが、強い衝撃がかかると骨が曲がったり折れたりする可能性があります。

また、風の強い日には、傘を開く前に風向きを確認して、風に逆らわないようにしましょう。

傘を閉じるときはしっかりと

傘を閉じるときには、骨や布がひっかからないように注意しながら、しっかりと閉じましょう。

特に布がひっかかっていると、次に開くときに破れたり穴が開いたりする恐れがあります。

また、自動開閉式の傘は、ボタンを押して閉じた後も、手で骨を押し込んで固定する必要があります。

そうしないと、骨が飛び出したりバネが外れたりすることがあります。

傘を乾かすときは広げて

傘を使った後は、早めに乾かすことが大切です。

濡れたまま放置すると、カビや錆びの原因になります。
乾かすときは、傘を広げて風通しの良い場所に置きましょう。

折り畳み式の傘は、折り畳んだまま乾かすと布がシワになったり色あせたりすることがあります。

また、直射日光や暖房器具の近くに置くと、布が痛んだり変色したりする可能性があります。

傘を収納するときは清潔に

傘を乾かした後は、清潔な状態で収納しましょう。
汚れやほこりが付いていると、カビや臭いの原因になります。

収納する前には、布や骨に付いた汚れやほこりを拭き取っておきましょう。

また、収納場所も湿気や埃の少ない場所にしましょう。
例えば押入れやクローゼットなどの閉め切った場所は避けましょう。

傘を修理するときは早めに

傘が壊れてしまった場合は、早めに修理することがおすすめです。

骨が曲がったり折れたりした場合は、自分で直すこともできますが、専門の修理店に持っていくと、より丁寧に直してもらえます。

布が破れたり穴が開いたりした場合は、自分で縫うか、布を張り替えてもらうかのどちらかになります。

修理することで、傘の寿命を延ばすことができますよ!

傘が壊れてしまっても、捨てずに直してあげましょう。

まとめ

  1. 傘を開くときはゆっくりと
  2. 傘を閉じるときはしっかりと
  3. 傘を乾かすときは広げて
  4. 傘を収納するときは清潔に
  5. 傘を修理するときは早めに

以上、傘を長持ちさせる簡単な方法を5つ紹介しました。

傘は雨の日だけでなく、日差しや雪などにも役立つアイテムです。大切に使って、長く愛用しましょう♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました