若いころにニキビができやすい理由と対策!

アフィリエイト広告を利用しています

未分類

ニキビは、思春期に多く見られる肌トラブルの一つです。

しかし、ニキビはなぜ若いころに出やすいのでしょうか?
また、ニキビを予防するにはどうしたらいいのでしょうか?

この記事では、ニキビの原因と対策について解説していきます♡

ニキビの原因はホルモンバランスの乱れ

ニキビの主な原因は、ホルモンバランスの乱れです。

思春期は、男性ホルモンや女性ホルモンが急激に分泌される時期です。

これらのホルモンは、皮脂腺を刺激して皮脂の分泌量を増やします。

皮脂は、肌を保護したり潤したりする役割がありますが、過剰になると毛穴を詰まらせたり、アクネ菌という細菌のエサになったりします。

アクネ菌は、皮脂を分解して炎症を引き起こします。

このようにして、ニキビができるメカニズムがあります。

ちなみに、私は学生時代ニキビができたことはありませんでしが
出産後(ホルモンバランスが乱れやすい)は、
外に出て歩くのが恥ずかしいほどニキビに悩まされました。
それ以降生理中にもニキビが出るように。。泣

ニキビの種類と症状

ニキビには

・白ニキビ
・黒ニキビ
・赤ニキビ
・黄色ニキビ

という4つの種類があります。

白ニキビ・・毛穴が閉じていて皮脂が溜まった状態
黒ニキビ・・毛穴が開いていて皮脂が酸化して黒くなった状態
赤ニキビ・・白ニキビや黒ニキビが炎症を起こして赤く腫れた状態
黄色ニキビ・・赤ニキビがさらに悪化して膿が溜まった状態

ニキビの予防と対策

ニキビを予防するには、以下のことに気を付けましょう。

毎日朝晩2回、洗顔料で優しく洗顔する
洗顔後は化粧水や乳液で保湿する
日焼け止めやメイク用品は肌に合ったものを選ぶ
汚れた手やタオルで顔を触らない
ニキビを潰したりしない
バランスの良い食事と十分な睡眠をとる
ストレスを溜めない
私は、汚れた手で顔を触らないという一つだけを意識していましたが、
それだけでもかなり良くなります。
ある日、触ったところからぷくっと腫れることに気づいたんですよ笑
そんなにも自分の肌は敏感なのかとショックだったんですが、、
痒い時は、手の甲でさすってかいてます♪

ニキビができてしまったら?

もしもニキビができてしまったら、早めに皮膚科で治療を受けましょう。

自己判断で市販の薬や化粧品を使うと、肌に合わなかったり効果がなかったりする場合があります。

また、ニキビが悪化して跡が残ってしまうこともあります。

私の主人は、学生時代ニキビを潰しまくっていたそうで、
今では跡が残って超後悔していると言ってます!

皆さんはそうならないように、正しく対処して欲しいです^ ^

皮膚科では、ニキビのタイプや状態に合わせて、内服薬や外用薬を処方してくれます。

また、レーザーや光治療などの高度な治療法もあります。

まとめ

ニキビは、ホルモンバランスの乱れによって皮脂の分泌が増えることが原因で、若いころに出やすい肌トラブルです。

ニキビを予防するには、正しいスキンケアや生活習慣を心がけることが大切です。

ニキビができてしまったら、早めに皮膚科で治療を受けましょう。

いかがでしたか? ニキビはあきらめずに、正しく対処して美肌を目指しましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました