iPhoneカメラの色合いがオレンジになるのはなぜ?

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

iPhone

iPhoneカメラで写真を撮ると
なぜ自動的に明るくなるのでしょうか?

撮影後にカメラロールで写真を見ると、
実際のシーンよりコントラストが強まって暗く見えたり、
光が反射する部分が白く飛んでしまったりすることがあります。

このような問題は
どのように解決すればいいのでしょうか?

iPhoneカメラによる写真の色合い変化

iPhoneで撮影すると、
時には写真がオリジナルよりもオレンジ色(暖色系)に
変わることがあります。

これはHDR機能が原因で、
画像や動画の明るさの範囲を広げる技術です。

iPhone 13のSuper Retina XDRディスプレイで
HDR撮影された内容を見ると、
通常のSDR表示よりも明るく表示されます。

HDR撮影をオフにするには、
写真撮影時に「設定」→「カメラ」→
「スマートHDRをオフ」にし、
カメラアプリでHDRを無効にします。

動画撮影の場合は、「設定」→「カメラ」→
「ビデオ撮影」→「HDRビデオをオフ」に設定します。

HDR表示を停止するには、
「設定」→「写真」→「フルHDRで表示をオフ」にします。

HDR機能とは?iPhoneカメラで写真の色合いが変わる理由

iPhoneカメラのHDR(High Dynamic Range)機能とは、
明るい部分と暗い部分が共に鮮明に表現されるよう、
高いコントラストのシーンをよりリアルに撮影できる機能です。

HDRでは、異なる露出で同じシーンを複数回撮影し、
それらを合成して一枚の画像を生成します。

例えば夕焼けをHDRで撮影すると、
太陽が明るく、空が暗く撮影された二つの画像を合成し、

太陽の輝きと空の色彩を鮮やかに
捉えた写真を作り出すことができます。

HDRはiPhoneに限らず、
他のカメラでも使用できます。

HDRを有効にするには、
カメラの設定で「HDR」をオンにします。

特に明暗差が大きいシーンを撮影する際に有効です。

まとめ

iPhoneで写真を撮る際に自動的に明るくなるのは、
HDR機能が背景にあるためです。

この「High Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)」
とも呼ばれる機能は、

カメラが一度に捉えられる明るさの範囲を広げ、
明るい部分と暗い部分をどちらも鮮明に表現します。

通常の撮影では、明るい部分は明るく、
暗い部分は暗く表現されやすいですが、

HDRを利用することで、
よりリアルでバランスの取れた写真を撮ることができます。

タイトルとURLをコピーしました