arkでマグマサウルスが餌(硫黄)を食べない?どうやって育てる?

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

未分類

「ARK: Survival Evolved」のゲーム内で火山バイオームに生息する架空の生物、マグマサウルスに関する新たな発見がありました。

最近追加された「ロストアイランド」という新しいマップで、マグマサウルスの幼体が硫黄を食べられるようになったと言われています。しかし、硫黄を食べない場合はどのように対処すればよいのでしょうか?

硫黄を食べないマグマサウルスへの対応

最近のアップデートで、マグマサウルスのブリーディングが硫黄を使用して行えるようになりました。

しかし、卵を孵化させた後に硫黄を与えようとしても、時には食べない場合があります。

実は、マグマサウルスには直接インベントリに硫黄を入れるのではなく、メイウィングという別の生物のインベントリを利用して、授乳で育てる方法があることがわかっています。

さらに、マグマサウルスの交配にはメスが溶岩に触れていることが必要です。オスには特に条件はなく、メスは少なくとも前足など体の一部が溶岩に接触している必要があります。

 

マグマサウルスの卵を盗む方法

マグマサウルスの卵を盗む方法についても新情報があります。

必要なのは「サボテンスープ」だけで、噴火していないタイミングで使用します。

サボテンスープを飲んだ後、裸で侵入すると、マグマサウルスに気づかれずに卵を盗むことができます。

欲しい卵を見つけたら、ヘレナワープを起動し、ワープが実行される直前に卵を拾うことで、追いかけてくるマグマサウルスから逃れられます。

また、高レベルのマグマサウルスを育成すると、自軍のマグマサウルスを駆使して野生のマグマサウルスを倒しながら卵を探すことができるようになります。

 

タイトルとURLをコピーしました