iPhoneマイクモードない?どこ?通話中に設定できる便利な「声を分離」機能も

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

未分類

「マイクモード」の主な機能は、通話中にあなたの声だけを相手に届けることです。

例えば、周りで掃除機が動いていても、その音が通話相手には聞こえないようにすることができます。

iOS 15以降のアップデートでiPhoneに「マイクモード」がコントロールセンターに表示されるはずですが、表示されないこともあります。

また、マイクモードの「声を分離」とワイドスペクトルモードが利用できない場合もあります。

マイクモードが表示されない場合の解決策

もしiOSが16.4以前のバージョンであれば、アップデートが必要です。

「設定」>「一般」>「ソフトウェアアップデート」から最新バージョンのiOSへのアップデートを行ってください。

これにより、最新の機能や修正が適用され、問題が解決する可能性があります。

通話中にマイクモード設定方法

FaceTimeや他の通話アプリを利用する際、
コントロールセンターから「マイクモード」を設定できます。

「標準」「声を分離」「ワイドスペクトル」など、いくつかのオプションから選択可能です。

選択した設定は、使用している通話アプリにのみ適用され、変更しない限り次回の通話でも維持されます。

ただし、Apple製以外のアプリではこの機能が使えない場合があります。

便利な「声を分離」機能も

iPhoneに新たに追加された「マイクモード」という機能をご紹介します。

AI技術を駆使して背景のノイズを排除し、通話中にあなたの声を際立たせることができます。これにより、周囲が騒がしくても通話の質は損なわれません。

通話時に周囲の雑音をカットして、あなたの声をクリアに伝えることができます。

しかし、このモードが一部のユーザーのデバイスに表示されないという報告があります。

対応していない機種では、「マイクモード」機能は使用できません。

さらに、対応アプリでの通話中にのみ、この機能が表示される場合があります。

「声を分離」機能を使用できる機種

iPhoneのモデルは次のとおりです。

iPhone XR、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone SE(第2世代)、iPhone 12 mini、iPhone 12、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max、iPhone 13 mini、iPhone 13、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Max。

これらのモデルでは、iOS 15以降であれば「マイクモード」を利用して、より快適な通話体験を得ることができます。

 

そもそもiPhoneはアプリごとにマイクをカスタマイズ可能!マイク設定手順

iPhoneでは、各アプリでマイクを使用するかどうかをユーザーが自由に決められます。

もし特定のアプリでマイクが機能していない場合は、設定が有効になっていない可能性があります。

以下の手順で、アプリがマイクにアクセスできるかを確認できます。

1. 「設定」を開いて、「プライバシーとセキュリティ」の中から「マイク」を選択します。

2. 表示されたアプリのリストから、該当するアプリのマイクアクセスをオンに設定します。

アプリがマイクへのアクセス権を持っているにも関わらず動作しない場合は、アプリの開発者に連絡してください。

 

タイトルとURLをコピーしました