夜にiPhoneが自動でアップデートされるのはいつ?始まらない理由とその対策について

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

iPhone

iPhoneの自動アップデート機能に
関心を持つ人が多い中、
具体的にどの時間帯にアップデートが
行われるのか疑問に思う方もいるでしょう。

iOS 12以降、iPhoneは特に夜間、
充電している時に自動で
アップデートを行うよう設計されています。

ですが、充電中であっても
アップデートが実行されない場合、
その理由は何でしょうか?

iPhoneの自動アップデート時間帯について

夜間アップデートのオプションを選択すれば、
就寝前にiPhoneを充電器に繋げておくことで、
iOSが夜間に自動的にアップデートを行います。

ただし、「夜間」という言葉だけでは、
具体的な時間帯が示されていないため、

実際にはユーザーの活動パターンに基づいて
変動することがありますが、
通常は深夜に行われることが多いです。

アップデートファイルがダウンロードされた後、
ユーザーは後ほど、または夜間に
アップデートを行うかどうかを選べます。

自動アップデートが実行されない理由と解決策

iPhoneが夜間に自動アップデートを開始するためには、
デバイスが充電されていて、Wi-Fiに接続され、
使用されていない状態である必要があります。

しかし、これらの条件を
全て満たしていても
アップデートされない場合があります。

その理由として、
不適切な充電器の使用や
Wi-Fi接続の不安定性が考えられます。
ポケットWi-Fiなどを使用している場合、
接続が不安定になることがありますので、
より安定したモバイルデータ通信への切り替えが推奨されます。

アップデートが行われない時の条件

自動アップデート機能を使用するためには、
いくつかの条件が満たされる必要があります。

これには、デバイスが充電されていること、
Wi-Fiに接続されていること、
画面がオフの状態であること、
そして十分なストレージ空間があることが含まれます。

この機能は、
デバイスを操作していない間に
アップデートを完了させたいユーザーにとって便利です。

もしすぐにアップデートを行いたい場合は、
「設定」から「ソフトウェアアップデート」を選び、
「今すぐインストール」を選択してください。

自動アップデートの設定方法

自動アップデートを有効にするには、
「設定」→「一般」→
「ソフトウェアアップデート」へ進み、
「自動アップデートをカスタマイズ」を選択します。

その後、「iOSアップデートをダウンロード」と
「iOSアップデートをインストール」を
それぞれオンにすることで、
自動アップデートが行われるようになります。

まとめ

iPhoneの自動アップデートは
主に深夜に設定されていますが、
実際のアップデート時間は
ユーザーの使用パターンによって変わることがあります。

アップデートが行われない場合は、
充電状態、Wi-Fiの接続、
デバイスの空き容量を確認してみてください。

適切な設定とこれらの条件を満たすことで、
スムーズに自動アップデートが実施されるはずです。

アップデートを通じて、
常に最新のiOS機能を
利用できるようにすることが重要です。

タイトルとURLをコピーしました