「早朝」から「深夜」までの時間帯区分は?「朝」「昼」「夕方」「夜」

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

暮らし

私たちの毎日における
「朝」「昼」「夕方」「夜」は、とても身近な時刻表現です。

これらの時間帯についてはある程度の
共通認識がありますが、実際にこれらが指す
具体的な時間範囲には、明確なルールが
ないことが多いです。

この記事では、日本における正式な時間帯の
区分けに光を当て、気象庁のガイドライン
と辞書の解釈をもとに、その違いや人々の
捉え方のバリエーションを探ります。

気象庁による時間帯の区分と説明

気象庁は、天気予報で使われる時間帯を
明確に定めています。

この細かな分類は、予報の正確性を保ち、
混乱を避けるために重要です。

ここで、気象庁が示す時間帯とその範囲に
ついて紹介します。

– **早朝**:

一般に午前6時から午前9時までを指します。

この時間帯は特に「早朝」と呼ばれ、
夜中の0時から9時までの最低気温を指す
場合もあります。

– **正午前**:

午前0時から12時正午までを指し、特に
午前の予報ではこの時間が重要視されます。

– **正午**:

厳密には正午を中心とした前後2時間の期間を
指しますが、「正午頃」「正午前」「正午過ぎ」
などと具体的な表現を使い分けます。

– **午後**:

正午から深夜までを指し、夕方以降の特定の
現象については「夜の始まり」と表現する
こともあります。

– **夕方**:

一般的に午後3時から午後6時までの期間を指し、
日が暮れる時間帯として捉えられますが、
予報ではこの時間帯を具体的に使います。

– **深夜**:

午後6時から翌日の午前6時までを指し、
夜の時間をさらに詳細に分けて言及する際に
使用されます。

これらの区分は、気象庁が日々の天気予報の
ために設けたもので、各時間帯にはその目的に
応じた明確な定義が存在します。

「朝」「昼」「夕」「夜」という時間についての辞典の見方

 

辞典では、「朝」「昼」「夕」「夜」という
時間帯について、以下のような概念的な定義
をしています。

– **朝**:日の出の始まりからしばらくの時間。
– **昼**:太陽が空にある、つまり外が明るい全ての時間。
– **夜**:太陽が沈んでから次に太陽が昇るまでの、暗い時間帯。

時間帯への個人的な解釈と文化的差異

 

これらの定義から明らかなように、辞典は
自然のサイクルを基にした大まかな定義を
していますが、気象庁の方針はもっと
具体的な時間を定めており、特に天気予報での
明瞭さを提供します。辞典の解釈はより
広範にわたり、日の循環に基づいています。

実際には、「朝」「昼」「夕」「夜」に対する
人々の見解には大きな個人差があり、
文化によっても異なることがあります。

例えば、ある地域では「夕」を午後4時頃と
捉えることがある一方で、別の地域では
午後6時頃とする場合もあります。

また、季節の変化に伴い日の出や日の入りの
時刻が変わるため、これらの時間帯に対する
感覚も変化します。

時間帯についてのまとめ

私たちは日常的に「朝」「昼」「夜」といった
言葉を当たり前のように使っていますが、
これらが示す具体的な時間帯に一貫した定義は
存在しないことが理解されます。

気象庁の指針は天気予報の際に役立ちますが、
日常生活においては、これらの言葉が指す
意味は人によって異なり、特定の時間帯を
厳密に指すわけではありません。

これは、時間に関する私たちの理解や、
それを日々の生活でどのように使っているか
について、新しい見識を提供するものです。

タイトルとURLをコピーしました