「すずらん」と間違えやすい花たち: 木に咲く種類や白、ピンク、紫の花を探求

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

植物・紅葉

春が訪れると、ベル型の花を咲かせる
「すずらん」はその繊細な美しさで
多くの人々を魅了します。

しかし、この愛らしい花と形や開花様子が
似ている種類も多く、それらを見分ける知識は
とても役立ちます。

今回は、「すずらん」と見間違えがちな、
白やピンク、紫、オレンジ色の花や、
木に生える植物の名前やその特徴を
ご紹介します。

「すずらん」に似た花の見分け方

重要なのは、花の色とその配置です。

「すずらん」に似ている花を見分ける際には、
まず花の色を手がかりにしましょう。

白やピンク、紫、オレンジ、赤といった
様々な色の花が「すずらん」に
似ていることがありますが、特に白色の花では、
似た種が多く存在するため、
詳しく見ることが重要です。

たとえば、スノーフレークは、
植物の高さや花のつき方、葉の形など、
色以外の特徴から識別できます。

木に咲く花と草花の見分け方

「すずらん」に似た花は、
草花だけでなく木に咲くものもあります。

例えば、ツツジ科の馬酔木は、
その釣り鐘型の花が「すずらん」に
似ているとよく言われます。

ツツジ科には、この他にも「すずらん」に
類似した花をつける木があり、
これらを知ることが、
名前を特定する際のヒントになります。

花の色や形はもちろん、
それが木に咲くのか、
あるいは草花なのかという
基本的な区別も大切です。

「すずらん」独特の特長

– 花の色:白やピンク
– 開花時期:4月から5月
– 草丈:15〜20cm

「すずらん」には、
日本原産のものとヨーロッパ原産の
ドイツすずらんがあり、
両者は外見や大きさが異なります。

ドイツすずらんは一回り大きく、
葉の高さで花を咲かせ、
雄しべの根元にわずかに赤みがあります。

一方、日本のすずらんはもっと小さく、
短い花茎で葉の間から控えめに咲き、
雄しべは純白です。どちらの種類も、
その繊細な香りが特徴であり、
香水の原料としても価値があります。

「すずらん」と似た白い花たちの探索

スノードロップ:「すずらん」との共鳴

– 色彩:白に緑のアクセント
開花時期:2月~3月 植物の高さ:5~20cm

初春に姿を現すスノードロップは、
その優雅にうつむく白い花で、
「すずらん」と似た雰囲気を持っています。

この期間に咲くため、
「すずらん」よりも早く楽しめる
特徴があります。

一つの花茎に一輪の花をつけるスタイルと、
内側の短い花弁に現れる緑色の模様が、
見分ける際の手掛かりになります。

スノーフレーク:春の使者

– 色彩:白と緑の組み合わせ
開花時期:3~4月および8~9月
植物の高さ:20~40cm

スノーフレークは、
「すずらん」に形が似ていて、
特に春に開花することが多いです。

その外側の花弁に見られる緑色の点が特徴で、
水仙に似た長い葉と合わせて、
「すずらん」と区別できます。

日本では春の花としてよく知られていますが、
元々は夏や秋に咲く種もあります。

アマドコロ:春の訪れ

– 色彩:白に微かな緑
開花時期:4~5月
植物の高さ:30~50cm

春になると、
白く長い花を咲かせるアマドコロは、
「すずらん」と見間違えられることも。

この植物は、「すずらん」よりも
一回り大きく成長し、
花弁の先端に緑色がかった色を帯びています。

花と茎が直接つながる部分に突起がなく、
茎が直線的であることも特徴です。

ナルコユリ:春の白い美

– 色彩:純白
開花時期:4~5月
植物の高さ:30~50cm

ナルコユリは春に純白の花を咲かせ、
アマドコロと非常に似ていますが、
花と茎の接続部にある突起で
見分けることができます。

その茎は滑らかで、角がありません。

木に咲く「すずらん」に似た花

馬酔木(アセビ):自然の魅力

– 色彩:白・ピンク・赤
開花時期:2~4月
山野に自然に生える馬酔木は、
小さなベル型の花をたくさんつけ、
「すずらん」と似た美しさを持っています。

花の縁が細かく分かれ、
野生のものは白い花が多いですが、
ピンクや赤を楽しめる園芸種もあります。

この木は鮮やかな新芽を出し、
庭木や盆栽としても人気があります。

ドウダンツツジ:庭の装飾

– 色彩:白・ピンク・赤 開花時期:4~5月

ドウダンツツジは、春から初夏にかけて
「すずらん」と似た形の花を咲かせることで
知られています。

この植物は馬酔木よりも花の形が丸く、
「すずらん」への類似性が高いです。

花柄が長いことで、
花が点在して咲く様子が特徴で、
これが馬酔木との違いとして挙げられます。

「すずらん」と似ている花々の紹介

ブルーベリー:春の魅力

– 花の色:白やピンク 開花時期:4月から6月

果実としてよく知られるブルーベリーも、
実はツツジ科に属しており、
春には「すずらん」を思わせるような
ベル型の花を咲かせます。

花弁の先端には5~6の切れ込みがあり、
その形状や白やピンクの色合いが
「すずらん」に似ています。

花は枝の先に集まって咲くことが多いです。

ボロニア:色鮮やかな花々

– 花の色:白、ピンク、紫、黄色、褐色
開花時期:2月から5月

オーストラリア原産のボロニアは、
特に「すずらん」の形をした花を咲かせる
常緑樹です。

ベル型で下を向いて咲く小さな花と、
細長い針のような葉が特徴で、
柑橘類のような香りを持っています。

この植物からは、
「すずらん」に似た微かな香りがします。

エリカ:豊富な色合いの花

– 花の色:ピンク、赤、白、オレンジ、黄色、緑
開花時期:品種によって異なる

ツツジ科に属するエリカは、
「すずらん」のような印象を与える
釣り鐘型や筒型の小さな花を咲かせます。

この植物は1m以下の低木で、
針のように細い葉を持ち、
茎から垂れ下がる花が特徴です。

色彩の多様性もエリカの魅力の一つです。

サンダーソニア:夏を彩る色

– 花の色:オレンジと黄色 開花時期:6月から7月

花屋やフラワーアレンジメントで見かける
「すずらん」に似たオレンジや黄色の花は、
サンダーソニアの可能性があります。

南アフリカが原産で、
特徴的な提灯型の花を咲かせ、
その垂れ下がる様子が「すずらん」を連想させます。

ブルーベル(ヒアシントイデス): 春の青紫の風景

– 花の色:青紫、白、ピンク
開花時期:4月から5月

ブルーベルは、ヨーロッパの春の森に広がる
青紫色の「すずらん」に似た花を咲かせる
多年草です。

この花は比較的細長く、
下向きに咲く特徴があります。

シラン:優雅な赤紫

– 花の色:赤紫と白 開花時期:5月から6月

ラン科に属するシランは、遠くから見ると
「すずらん」に似た印象を与える
赤紫の花を持ちます。

花は下を向いて咲き、
ラン特有の形状をしていますが、
「すずらん」と似た外見を

持つため、遠目からでは類似性が感じられます。

「すずらん」に似る花の特性: タイツリソウ(ケマンソウ)

– 花の色:ピンク・白 開花期間:4月から5月

タイツリソウは、ハート形の花を
茎から吊り下げるようにして咲かせる、
非常にユニークな多年草です。

その花の形は「すずらん」とは異なりますが、
下向きに咲く姿はどこか似ているため、
「すずらん」に似た花と感じられることがあります。

この植物は、ボタンに似た葉っぱを持ち、
花茎がアーチを描いて伸びるのが特長です。

特に白い花のタイツリソウは、
「すずらん」と同じような雰囲気を
醸し出すことがあります。

「すずらん」に似た花の見分け方

「すずらん」に似た花を特定する際には、
花の色や形状、植物が木か草花かという点に
注目すると良いでしょう。

白、ピンク、紫といった異なる色の花や、
木に咲く花の種類に関しても説明しました。

白い花は特に似ている種類が多く、
区別が難しい場合もありますが、
その特徴をしっかりと把握して
名前を見つけ出してみてください。

これで、「すずらん」に似ている花の種類と
それらを識別する方法についての説明を終えます。

タイトルとURLをコピーしました