どの区にあるの?秋葉原が千代田区と台東区にまたがる理由

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

暮らし

秋葉原は世界的にも有名なエレクトロニクス
のメッカとして知られています。

しかし、最近では電子機器以上に、
アニメ関連商品や最新のゲームが
充実しているオタク文化の中心としての
知名度が高いかもしれません。

この魅力的な場所には毎日、全国各地から
若者が訪れますが、「東京のどの部分に
あるんだろう?」と疑問に思う人も
少なくありません。

実際、関東に住む人ですら、その
正確な位置についてあまり詳しくない
ことも珍しくありません。

そこで、次のような疑問にお答えします。

– 秋葉原はどの区にあるの?
– 秋葉原駅は具体的にどの区の中に位置しているの?
– 「アキハバラ」という名前にはどんな意味があるの?

見た目には明らかなようでいて、
実は知られていないこれらの情報を、
ここで詳しくご紹介します。

秋葉原はどの区にあるの?

秋葉原が位置する区に関しては、
実は少し複雑です。

実際には、秋葉原は千代田区と台東区の
2つの区にまたがっています。

この背景には興味深い理由があります。

「秋葉原」と言えば、多くの人が
電気製品の大型店やアニメ関連の店舗が
並ぶエリア、つまり千代田区の一部を
思い浮かべるでしょう。

このエリアは東京23区の中でも
特に中心に位置しています。

しかし、この地域に「秋葉原」という
正式な地名は存在しません。

私たちがイメージする秋葉原の景色の
多くは千代田区の神田周辺にありますが、
そこでは「秋葉原」という地名は
使われていません。

正式な地名は隣接する台東区

一方、私たちがイメージする秋葉原は
千代田区にあるものの、

正式な地名
としての秋葉原は隣接する台東区に
位置しています。

秋葉原駅から北に約7分歩くと台東区に
入り、Googleマップで確認すると、
台東区内の秋葉原エリアを確認できます。

この地域には山手線や新幹線の線路、
公園、そしていくつかのビルがあります
が、電気店やメイドカフェ、ゲーム
ショップはありません。

2020年時点で、ここには49世帯が
住んでおり、人口はわずか59人です。

こんなにも有名な秋葉原が限られた
範囲にあり、非常に少ない人口を
持っていることは、意外かもしれません。

秋葉原駅自体は千代田区

秋葉原駅自体は千代田区に位置しています。

その正確な住所は東京都千代田区
外神田1丁目になります。

秋葉原駅の設置により、周辺地域は
秋葉原の中心として認識されるように
なりました。

秋葉原のスポット

秋葉原を象徴するいくつかの場所の
住所を見ると、以下の通りです。

– 秋葉原UDX:千代田区外神田4-14-1
– 秋葉原ガチャポン会館:千代田区神田3-15-5
– ヨドバシAkiba:千代田区神田花岡町1-1
– ラジオ会館:千代田区外神田1-15-16

これらはすべて千代田区神田にあります。

千代田区は、日本の政治の中心である
国会議事堂や最高裁判所がある特別区です。

また、多くの大企業の本社が集まり、
経済活動の中心でもあります。

しかし、日中は働く人々で賑わいますが、
夜になると人口が大幅に減少し、23区の
中でも最も人口が少ない地域の一つです。

つまり、多くの人が働く場所でありながら、
実際に住む人は比較的少ないのが特徴です。

秋葉原と言われる理由

秋葉原という地名がこのエリアに
どうしてつけられたのかには、興味深い
由来があります。

江戸時代からこの場所は度々火災に
見舞われ、明治時代の初めにも大規模な
火事が何回か発生しました。

これを防ぐために、地域が「火除地」
として指定され、火災防止を目的とした
神社が建てられました。

しかし、地元の人々が静岡県(当時は
遠州と呼ばれていた)から火災防止の
神様である「秋葉権現」を祀る秋葉神社を
この地に移したと誤解。

この結果、神社の周りの地域が「秋葉の原」
や「秋葉が原」、「秋葉っ原」と称される
ようになりました。

これが「秋葉原」という地名の由来で、
「秋葉神社がある野」を意味します。

その後、この名前は地域に作られた
鉄道駅にも使われ、広く知られるように
なりました。

なお、この秋葉神社は今では台東区
松が谷に移転しています。

まとめ

概要としては、電気製品やオタク文化で
名高い秋葉原は千代田区にあります。

秋葉原駅も千代田区に位置していますが、
正式な地名としての「秋葉原」は
台東区の比較的狭い範囲に存在します。

秋葉原の主な観光地を訪れる時は、
それが千代田区にあることを覚えて
おくと便利です。

東京駅からは非常に近く、電車で
約4分で到着するため、東京の中心部に
位置していることがわかります。

タイトルとURLをコピーしました