1歳のお子さんのための七夕短冊アイデア:何を書けばいい?

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

子ども・学校

保育園に入ってから数ヶ月が経ち、
もうすぐ七夕を迎えますね。

多くの家庭が、保育園の七夕飾り用に
短冊を準備するようにとのお知らせを
受け取っていることでしょう。

だけど、短冊にはどんな願いを書けばいいのか、
迷われる方も多いかもしれません。

「まだあまりお話しできない我が子のために、
どんな願いを短冊に書いたらいいんだろう?」

こんな風に考えている方もいらっしゃるでしょう。

そこで、この記事では、
1歳のお子さんがいるご家庭で
保育園の七夕短冊にどんな願いを書けばいいのか、
具体的な書き方のアイデアをいくつかご紹介します。

保育園で1歳児の七夕短冊を作るヒント

1歳児が七夕に願いを込める
短冊作りのアイディアをご紹介します。

– 将来、憧れのヒーローになれますように。
– 日々を笑顔溢れる楽しい時間で過ごせますように。
– 毎日美味しいごはんが食べられますように。
– ◯◯ちゃん/くんが元気に育ち、
病気や怪我をせずに過ごせますように。

1歳児による短冊への願い事は難しい?

1歳児はまだ話すことが上手ではないため、
「親が子どもに願うこと」
を短冊に記すことが普通です。

また、親や保護者が
「子どもの幸せや成長に関する願い」
を代わりに書くことも一般的です。

「子どもと共に短冊作りを楽しむ」
という思いを持つ家庭では、
手軽にできる装飾を施すこともあります。

 

装飾アイディア

似たような願いが多い中で、
短冊に独自の工夫を凝らす家庭もあります。

– カラフルなシールで飾る。
– 自作の笹飾りを追加する。
– 短冊の形を変えてみる。
– 子供が自由に絵を描く。

特にシールは人気で、
兄弟姉妹がいる家庭では、
彼らがデコレーションや文を考えることもあります。

短冊のデコレーションは、
子供との楽しい時間を作り出します。

「絵が苦手で心配…」という方も、
シンプルに願い事を書くだけでも十分です。

まとめ

親が何よりも望むのは、

「子どもが健康で幸せに育ってほしい」

という深い願いです。

この気持ちは多くの人が理解し、
共感できるものです。

私が経験した保育園でも、
こうした願い事がよく見られました。

子どもの安全と幸せは、
親にとって最優先の願い事です。

 

タイトルとURLをコピーしました