長寿のお祝いである卒寿は何歳のお祝いのこと?意味や由来は?

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

暮らし

卒寿は長寿を祝う重要な節目ですが、
どの年齢のお祝いなのか、その背景や
由来は何なのでしょう?また、

この特別なお祝いに最適な色は
何色なのでしょうか?

ここでは、卒寿のお祝いに相応しい色と
お祝いの方法について詳しく説明します。

卒寿って何?

さまざまな長寿のお祝いがありますが、
卒寿はいったい何歳のことを指す
のでしょうか?

その意味や由来にも触れてみましょう。

卒寿の年齢

卒寿は90歳のお祝いです。

伝統的には数えで90歳を意味しますが、
現代では実年齢で90歳を祝う人も多いです。

数え歳でも実年齢でも、どちらでも
お祝いすることができます。

数え歳と実年齢の違いについて

数え歳と実年齢の違いが分からない
という人もいるかもしれません。

実年齢は生まれた日からの年数を数え、
毎年誕生日が来るたびに1歳ずつ
加えていきます。

一方、数え歳は生まれた時を1歳として、
毎年1月1日に1歳ずつ加える方法です。

卒寿の意義と由来

卒寿の意義と由来を解説します。

還暦(60歳)や古希(70歳)など、
多くの長寿のお祝いは中国から
伝わっています。

還暦は自身の生まれ年の干支に戻る
ことから、古希は「人生七十古来稀なり」
という唐の詩人杜甫の詩にちなんでいます。

しかし、傘寿(80歳)以降のお祝いは
日本発祥とされています。

卒寿は、「卒」の字を「九」と「十」に
分けることから90歳の意味を持ち、
これが卒寿の名称の由来となっています。

卒寿のお祝いに選ぶ色とその方法

卒寿の際に適した色は何か、そして
どのようにしてその節目を祝えば
よいのでしょうか?

長寿を祝う際には、伝統的に特定の色が
選ばれがちです。

例えば、還暦には赤が用いられますが、
卒寿では「紫」や「白」が好まれる
傾向にあります。

これらは古くから尊さや純粋さ、神聖さを
象徴する色として知られています。

「紫」は90歳という節目への敬意を、
「白」は白寿との共通点から、長寿を
祝う色として選ばれます。

どんなプレゼントを?

プレゼントは、受け取る人が実際に
欲しいと思うものが最適です。

具体的な希望がなければ、卒寿の色に
ちなんだものや、日々の生活で役立つ
アイテム、趣味に関連するものがおすすめ
です。

お茶を楽しむ方なら、特製の湯呑みや
箸セット、暖かいひざ掛け、家族の写真が
映るデジタルフォトフレームなどが
喜ばれます。

ただし、靴や靴下、櫛、お茶、老眼鏡、
ベルト、筆記用具などは避けた方が良いでしょう。

いつどこでお祝いする?

お祝いの時期としては、90歳の誕生日は
もちろん、敬老の日や家族が集まりやすい
連休、新年、お盆などが適しています。

お祝いする人の健康状態と家族の都合を
考慮して、最適な日を選びましょう。

お祝いの場所は、外食する場合は
レストランや料亭が一般的ですが、
自宅で手料理を提供するか、デリバリーを
利用することもあります。

移動が難しい場合は、自宅やその近辺での
お祝いが望ましいです。

卒寿のお祝い方法

卒寿のお祝いに特別なルールは
ありませんが、通常、お祝いの会を
開いたり、プレゼントを贈ったりする
ことが一般的です。

まとめ

卒寿を祝う色や方法についてご紹介しました。

現代は人生100年時代と言われますが、
90歳のお祝いはそれでも大変特別なことです。

お祝いされる方の健康を第一に、久しぶりに
集まる家族と共に心からのお祝いを
しましょう。

そうすることで、お祝いされる方も
家族の愛を感じて、幸せを噛みしめる
ことができるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました