Googleマップの画像保存方法と著作権について

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

Google

Googleマップの特定エリアを画像として
保存する方法と、その際の著作権の
取り扱いについて説明します。

Googleマップから部分的な画像を
取り出して使用するにはどうすれば
よいでしょうか?

Googleマップの画像を保存する方法:スクリーンショットの活用

たとえば、車庫証明で必要な位置図や
配置図を作成する際に、Googleマップ
のスクリーンショットが役立ちます。

スクリーンショットは素早く画像を
保存する方法です。

Windowsでの一般的な方法は以下の
通りです。

特定のウィンドウだけをキャプチャする方法

・キャプチャしたいウィンドウを
アクティブにし、[Alt] + [PrintScreen] を同時に押します。

キャプチャした画像は、画像編集ソフトを
使用して保存してください。

 

[PrintScreen]キーがない場合、[Shift] +
[Prt Sc]が一体となったキーを持つ
キーボードであれば、Windowsの
Snipping Toolが便利です。

「Snipping Tool」をCortana検索で
見つけ、タスクバーにピン留めしておく
と良いでしょう。

 

全画面をキャプチャする方法

・キーボードの[PrintScreen]キーを
押すだけで全画面がキャプチャ
されます。

このキーは機種によっては[PrtScr]、
[PSR]、[Prt Sc]などと表示される
ことがあります。

 

 

Snipping ToolはWindowsアクセサリーに
含まれる標準アプリです。

車庫証明に使用する位置図や配置図には、
Googleマップの画像が認められており、
警察がその場所に容易に到達できれば
問題ありません。

地図を拡大し、不要なテキストはペンで
修正し、必要な場所にははっきりと
マークをつけます。

方向性を示すために矢印と「N」を
記入すると便利です。

地図上に住所や道路名を書き加える
ことで、自宅と保管場所の位置関係や
距離が明確になります。

このような簡易地図は、飲食店や商店で
よく使われ、その場所の相互関係が
分かることが最も重要です。

Googleマップの画像保存と著作権に関して

ドキュメントや報告書にGoogleマップの
画像を挿入する際の著作権はどのように
扱われるのでしょうか?

通常、レポートで画像を使用する場合、
脚注を加えることで問題を避けることが
できます。

Googleの公式利用許諾ページによると、
Googleの利用規約に従い、適切に権利
帰属を表示していれば、Google マップ、
Google Earth、ストリートビューの
画像を様々な用途で使用できます。

これには、報告書やプレゼンテーション
での使用が含まれます。

Googleマップから画像を切り出して使用
する場合も、権利帰属を適切に表示する
必要があります。

詳細は以下のGoogleの使用許諾ページで
ご確認いただけます:

[Google マップ&Google Earthの使用許諾ガイドライン](https://www.google.com/permissions/geoguidelines/?hl=ja)

ただし、印刷物においては、Googleマップに
投稿されたユーザーの写真を無断で使用する
ことは許されていません。

これは、写真の著作権がその投稿者に
帰属するためです。

タイトルとURLをコピーしました