バレンタインのチョコを郵送する方法と料金:梱包のコツ

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

チョコ

バレンタインにチョコを送る際の最適な方法をご紹介します。通常の気温下での郵送ではチョコが溶ける可能性があります。

どの配送方法を選ぶべきかを考えましょう。

バレンタインのチョコを郵送する方法と料金:梱包のコツ

バレンタインにチョコを郵送する場合、主に定形外郵便、ゆうパック、レターパックが利用されます。

ゆうパックでの送付について

ゆうパックは小包サービスの一つで、ローソンやミニストップで利用できます。

破損を避けるために「こわれもの扱い」を指定することができ通常のチョコであれば安心して送ることができます。

万が一の紛失にも補償がついています。

梱包後は専用ラベルを店頭で記入し、レジで手続きを行います。

定形外郵便での送付について

この方法は費用を抑えることができますが、荷物の扱いが乱暴になる可能性があるため、破損や紛失のリスクを伴います。

チョコを封筒や包装紙に包み、郵便切手を貼って直接ポストに投函します。

コンビニのポストを使う場合は厚さ制限があるため、それを超えると郵便局からの発送が必要になります。

その他の注意点

デリケートなチョコには、チルドゆうパックやクール宅急便の利用が適していますが、これらはコンビニでは受け付けていないため、郵便局や宅急便の営業所への持ち込み、または集荷依頼が必要です。

もし割れやすいチョコを送る場合は、緩衝材を利用した丁寧な梱包が重要です。

郵便局では梱包材を購入できますが、装飾用の材料はありません。

定形外やレターパックプラスの利用は破損のリスクが高まるため、ゆうパックの選択が推奨されます。

プチプチや新聞紙を使って隙間を埋めると、チョコが割れにくくなります。

まとめ

チョコレートを郵送する場合、封筒や箱に入れただけで通常は第一種郵便物として扱われます。

送る物のサイズや重さに応じて、定形外郵便か定形郵便のいずれかに分類され、料金が異なります。

郵便局またはコンビニエンスストアを利用して配送することも可能ですが、費用を抑えたい場合は郵便局経由の発送が推奨されます。

特に2月14日に配達希望の場合、30円の追加料金がかかることがあります。

レターパックを利用すれば、重さに関わらず350円(レターパックライト)または500円(レターパックプラス)で一律料金で送れますが、配達日の指定はできません。

寒い季節では通常の郵便でも配送が可能ですが、冷蔵を希望する場合は郵便では対応できず、ゆうパックを利用する必要があります。

 

タイトルとURLをコピーしました