岡山県の魅力的な方言を紹介

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

方言

 

岡山県の方言には独特な響きと印象があります。

穏やかな気候と雨の少ない岡山県は、
人々も温和で明るいことで知られています。

そんな地域の特色が生きる岡山の方言をご紹介しましょう。

岡山県の魅力的な方言を紹介

「あんご、あんごー」

「馬鹿、馬鹿者」という意味です。

強調する際は「おおあんごー」とも言います。

 「いぬる」

「帰る」という意味で、
語尾の変化が特徴的です。

「いごいごする」

不安定な動きを表す
「うろちょろする」という意味です。

「うつる」

「似合う」という意味で、
外見の印象について話す際に使います。

 「おえん」

「いけない」「ダメ」という意味で、
否定的な状況を表すのに使われます。
これらの方言は岡山県の文化や日常の一部で、
地元の魅力を象徴しています。

「がっそう」

という言葉は、
髪や髭が伸び放題になった状態を指し、
乱れた草地や髪の様子を具体的に表現しています。

岡山弁では、何かを強調したいときに
「おお」という接頭辞を使うのが一般的です。

「かばち」

という単語は、不満や反論の意味を持ち、
「かばちたれ」として使われることが多いです。

これは不平を言う人を指す表現です。

「ぐしー」

という言葉は、何かが緩い状態や
不器用さを表す際に使われます。

「くつわいー」

とは、くすぐったい感覚や
不快なかゆみを表現する際に用いられる表現です。

例えば、蚊に刺された時のかゆみなどを表すのに使われます。

「けっぱんずく」

は、標準語での「つまずく」に相当し、
転倒しそうになる様子を描写します。

「こうばい」

という言葉は、
「その通り」という意味を持ちます。

「しねー」

とは、「しなさい」という意味の丁寧な表現で、
誤解しやすい言葉です。

地域によっては「せられねー」と言われることもあります。

「すける」

という言葉は、「置く」または
「乗せておく」という意味です。

「すかっとらん」

という表現もあり、
置かれていない状態を示します。

「すばろうしい」

は、見た目や気分が下がった状態を指し、
憂鬱や不機嫌な様子を表します。

「ぞんぞがつく」「ぞんぞがする」「ぞんぞが立つ」

は、
体が震えたり、鳥肌が立ったりする感覚を表現する言葉です。

「ちばける」

は、「ふざける」や「おどける」という意味で、
楽しく振る舞う時に使われます。

「チャラ書き」

とは、雑に書かれた文字や
走り書きを指します。

これは、読みにくい手書きの文字を表現する際に使われる言葉です。

「でーれー」

は、「すごい」「ものすごい」
といった感情を強調する際に用いられます。

「とらげる」

は、「片付ける」や「しまう」という意味で、
整理整頓や清掃を示す時に使われます。

「なんしょん」

は、「何をしているの?」という意味で、
文脈によっては驚きや怒りの感情を含んだ表現として
使われることがあります。

「にがる」

という言葉は、お腹が痛くて
苦しい状態を表す際に使用されます。

「のせる」

という単語は、岡山弁で傘に入ることを意味します。

普段耳にしない表現なので、初めて聞いたときには
少し混乱するかもしれません。

「ばんこしゅえー」

という言葉は若者の間で特に人気があり、
「とてもヤバい」という意味で使われます。

「ふうがわりい」

は、「世間体が悪い」や
「恥ずかしい」という意味があり、他人の目を
気にする場面でよく使われる言葉です。

「ぶち」

という単語は岡山弁でよく使われる強調表現で、
「とても」や「すごく」という意味を持ちます。

「ぼっけぇ」

という表現も、
「とても」や「ものすごく」という強い感情を
表すのに使われます。

「まける」

とは「こぼれる」という意味で、
物が溢れ出す様子を指します。

「めぐ」

は「壊す」という意味で、
何かを破壊するときに使われます。

「みてる」

という言葉は「なくなる」という意味で、
日常生活の中で頻繁に使用されます。

「もんげー」

は「どえらい」や「ものすごい」
といった強い感情や驚きを示す表現です。

「やっちもねー」

という言葉があり、
「つまらない」や「価値がない」という意味を持ちます。

この表現は、何かが無意味であるか、
無駄であると示す際に用いられます。

「ゆーに」や「ゆうに」

という言葉は
岡山弁で「ゆっくりと」という意味です。

この言葉は、リラックスしたい時や、
のんびり過ごす際に使われます。

「らく」

とは、「問題ない」や「余裕がある」という意味で、
何かをする際に時間的な制約がないことを示すのに使われます。

「わや」

という言葉は、「めちゃくちゃ」という意味で、
乱れた状態や混乱を表現するのに用いられます。

岡山弁には特有の語尾も存在します。

「~じゃ」

という語尾は「だ」という意味で、
岡山弁の代表的な表現です。

「~ょーる」

という語尾は、動詞の現在進行形を表す
「~している」という意味を持ちます。

これらの語尾は岡山弁の特徴的な要素で、
日常会話でよく使用されます。

岡山方言の特徴

岡山方言の特徴の一つは、「こうばい」
「もんげー」「ぼっけー」「でーれー」
「ぶち」といった強調表現です。

また、「なげー(長い)」「そねーなこと(そんなこと)」
といった語尾を伸ばす言い回しがよく使われます。

このような表現が岡山方言のユニークな個性を作り出しています。

特に、「~じゃ」「~ょーる」といった語尾や
文末の表現は岡山方言の魅力の一つです。

こうした言い方が地域文化を彩ります。

ここで、いくつかの岡山方言を紹介します。

まとめ

これらの岡山弁は、地域の文化や日常生活に
深く根ざしており、その地域ならではの
言葉の豊かさを示しています。

岡山を訪れる際には、地元の人々が使うこれらの言葉を
実際に耳にするのも楽しいかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました