「連携」と「連係」の違いと適切な使い方について

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

未分類

「連携」と「連係」は、どちらも「れんけい」と読みますが、それぞれ異なる意味を持っています。この記事では、これら二つの言葉の違いと正しい使い方について説明します。

「連携」という言葉は、共同で目標に向かって努力する状況を指します。この「連携」に含まれる「携」は、文字通り「手を取り合って」という意味で、共に協力し合い、目指す目標に向かって進むことを表します。
例えば、国際問題を解決するためには諸国の連携が必要であり、また、大学と企業が協力して新薬を開発する場合も「連携」の一例です。

一方、「連係」は、物事や人々間の強いつながりや関連性を表す言葉です。こちらは、協力するかどうかよりも、密接な関係の存在を強調します。

例としては、地域コミュニティや家族間の連係の重要性や、親会社の人事異動が子会社の経営に与える影響などが挙げられます。

このように、「連携」と「連係」は使い分けが重要です。「連携」は協力し合う状況を、「連係」は関係の密接さやつながりを表します。具体的な活動や共同作業に関する話題であれば「連携」を、関係性や影響力を強調したい場合には「連係」を使用するのが適切です。特に、データ関連の話題では、システムやアプリケーション間の協力やデータの共用を指すため「連携」と表現することが一般的です。

タイトルとURLをコピーしました