大人へのお年玉:いつまで渡すべき?成人や働き始めた若者への慣習は!

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

お年玉

 

新年が始まると、大人たちはお年玉の習慣に頭を悩ませます。子供の頃はただお年玉を楽しみにしていましたが、大人になると、今度は贈る側になります。贈る金額が受け取る金額を上回ることもあるでしょう。では、社会人にもお年玉を贈るべきなのでしょうか?その相場はどのくらいなのでしょうか?この記事では、特に社会人へのお年玉に焦点を当て、詳しく解説します。

スポンサーリンク

社会人へのお年玉:状況によっては贈ることも考えられる

状況によっては贈ることも考えられます。

新年には、久しぶりに会ったり特別な思いを持つ甥、姪、孫などに、相手が社会人であってもお年玉を贈ることがあります。

この行為は、特に愛情を表すためのプレゼントとして行われることが多いです。

相手に強く贈りたいという気持ちがあれば、社会人であってもお年玉を受け取ることがあるでしょう。

相互交換のケース

自分の子どもが相手の親からお年玉を受け取っている場合、礼儀として相手の子どもにもお年玉を贈ることがあります。

これは親同士の付き合いから生まれる行為で、お年玉の本来の意味とは異なる場合があります。これにより、将来的に返礼を求められるようなプレッシャーを相手の親に与えることになるかもしれません。

社会人初年度の場合:就職祝いとしてのお年玉

社会人になったばかりの人には、就職祝いを兼ねてお年玉を贈ることもあります。

ただし、別の機会に就職祝いをすでに渡している場合は、お年玉は必要ないかもしれません。また、アルバイトなどで生計を立てている場合には、就職祝いとしてのお年玉が適切でない場合もあります。

社会人へのお年玉は必要か?

皆さんは、何歳までお年玉をもらっていましたか?

「高校生まで」「20歳まで」「就職するまで」といった意見があるでしょうが、これは人それぞれです。

しかし、一般的には社会人になってからお年玉をもらうことは少ないです。そこで、お年玉を贈る対象が社会人になった場合、どうすべきでしょうか?

実は、社会人へのお年玉は一般的ではありません。

社会人にお年玉を贈るべきかという疑問に対し、お年玉の本質を考えると答えが見えてきます。「お年玉」は、新年の祝いとして子供に贈るものとされています。

つまり、贈る対象は基本的に子供です。一般的なルールでは、以下のような基準が設けられています。

学生である間は贈る
自立して収入を得始めるまで贈る
高校生まで贈る
20歳(成人)まで贈る

これらの基準によれば、自立して働き始めた社会人は対象外です。ただし、「20歳まで贈る」というルールの中では、高校卒業後に未成年で働き始めた人は例外的に対象となることがあります。一般的には「社会人にはお年玉を贈らない」というのが多数派です。これは、甥や姪、孫などの親族にも当てはまります。家族間で公平なルールを設けることは、不満を避けるためにも重要です。

社会人へのお年玉の相場

社会人にお年玉を贈る場合の相場は「10000円~」とされることがありますが、これは一般的なものではなく、贈る金額は相手が自分で稼いでいることを考慮し、「どれだけ贈りたいか」に基づいて決まることが多いです。

スポンサーリンク

まとめ

社会人にお年玉を贈る習慣は一般的ではありませんが、特定の状況下では考えられます。誕生日やクリスマスなど他の贈り物の機会も多いため、必ずしも現金を贈る必要はないかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました