2024年の成人式はいつ開催?18歳も参加する?対象となる生まれ年は?

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

未分類

成人式は、人生の重要な節目を祝う特別な日です。成人になる喜びを祝い、本人と家族にとって感動的な時です。ただし、成人式の日は毎年異なるため、事前に日程をチェックして準備することが大切です。

2022年4月1日から成人の年齢が18歳に変わったことで、「どの年齢が成人式に参加すべきか」という疑問が出ています。

これまでは20歳での参加が一般的でしたが、2023年からは18歳も参加する可能性があります。今後、18歳から参加するのか、それとも20歳のままなのか、この点を理解することが重要です。

同じ学年であっても、早生まれのため19歳の人もいるし、まだ20歳になっていない人が参加してもいいのかどうか、といった疑問もあるかもしれません。そこで、2024年の成人式の日程と、その年に参加する対象となる生まれ年についてまとめてみました。

2024年の成人式はいつ?

多くの場合、成人式は「成人の日」とされる祝日に開催されます。

2024年では、成人の日は1月8日(月曜日)です。

カレンダーや手帳で確認するといいでしょう。成人の日はハッピーマンデー制度により、毎年1月の第2月曜日に設定されています。

通常、成人式は成人の日に行われますが、翌日が平日のため、遠方に住んでいる人を考慮して、日曜日に開催されることもあります。

さらに、就職している人や遠くの学校に通う人が参加しやすいように、5月のゴールデンウィークやお盆、正月の松の内など、大型連休時に開催されることもあります。

2024年の成人式、参加対象はどの世代?

成人式に参加する対象年齢は、多くの人が気にする点です。

20歳に達していなくても参加できるのかどうか、というのは一般的な疑問です。

通常、成人式への参加資格は、成人式が行われる年の前年4月2日からその年の4月1日までに20歳になる人々に与えられます。

これは、中学や小学校時代のように、同じ学年の仲間たちと一緒に祝うという形式です。

2024年の成人式について言えば、2003年4月2日から2004年4月1日に生まれた人たちが対象となります。

これにより、成人式が行われる1月時点で19歳の早生まれの人たちも参加することになります。

18歳で成人式への参加はどうなる?

2022年4月1日に成人年齢が18歳に引き下げられたことから、2023年以降の成人式に18歳で参加するかどうかが関心を集めています。

成人式は法律に基づいて決定されるものではなく、各自治体が独自に判断するため、一部の自治体では18歳を対象としています。

しかし、多くは従来通り20歳を対象にしており、その理由には、高校3年生の忙しさ、地元での同級生との再会の機会、振袖などの準備に伴う経済的負担などがあります。

18歳での成人式は、学校での日常と変わらないため、特別な感じが少ないとも言えます。さらに、就職や進学の準備、経済的な問題などが影響し、参加率が低下する可能性もあります。

一方、20歳であれば、お酒も楽しめます(ただし、お酒とたばこは20歳以上に限ります)し、久しぶりに再会する同級生との会話に最適です。

自治体によっては、18歳での成人式を行うところもあります。

そのため、最も確実な情報は、参加予定の市のホームページやお知らせをチェックすることです。

2023年度から18歳を対象にする自治体もあり、ゴールデンウィークなどの時期に成人式を開催するなど、受験や就職の忙しい時期を避ける工夫をしています。

また、20歳で成人式を行う自治体では、異なる名前を用いて区別することもあります。「二十歳の集い」などがその一例です。

成人式の参加について:地元か現在地、どちらで参加すべきか?

成人式への参加地に関して迷う方は少なくありません。

特に、故郷を離れている場合、地元での成人式への参加が可能かどうかが疑問になることでしょう。

通常、成人式へは現在の住民票が置かれている場所の式典に参加するのが一般的です。

なぜなら、成人式の案内はその自治体から住民票を基に送られるからです。

言い換えれば、住民票のある地域が成人式の開催地となります。しかし、旧友との再会を楽しみにしている方なら、地元の成人式に出席したいと考えることもあるでしょう。

そのような場合、地元の自治体に状況を伝えて問い合わせをすれば、参加が許可されることもあります。特に、成人の日の前日に式典を行う自治体もあるため、これは帰省しやすいよう配慮してのことです。

地元での参加可否は自治体によって異なるので、確認は地元の役所のウェブサイトなどで行うと良いでしょう。

 

2024年の成人式はいつ開催?まとめ

成人式は、通常1月の成人の日に行われますが、地域によっては前日や大型連休中に開催されることもあります。また、18歳からの参加を許可している自治体もあります。このため、開催日や参加年齢に関する正確な情報は、それぞれの地域の自治体のウェブサイトで確認することが大切です。
20歳の参加者に関しては、特に思い入れがない場合、無理して参加する必要はありません。ただし、昔の同級生と再会したいという気持ちがあるなら、参加を検討してもよいでしょう。久しぶりに再会する同級生とは、新たな話題も多いはずです。
成長して疎遠になった昔の同級生たちが、現在どう変化しているかを知る機会として、成人式は貴重な時間になるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました