「メガドンキホーテ」と「ドンキホーテ」の違いは?知ると得する情報

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

未分類

私たちはよく「ドンキホーテ」で
食品や生活用品を購入します。

「メガドンキホーテって、
普通のドンキホーテとどう違うのかしら?」

実は私も「メガドンキホーテ」の存在は
知っていましたが、
その詳細は把握していませんでした。

そこでこの機会に調べてみることにしました。

メガドンキホーテとドンキホーテの主な違い

情報源として信頼できる
ウィキペディアを参考にすると、
以下のような違いが明らかになりました。

– 「ドン・キホーテ」

生鮮食品を扱わない

– 「MEGAドン・キホーテ」

総合スーパーのような形態で、
広い通路を持ち、
家族や高齢者向けにサービスを展開

メガドンキホーテでは、
長年の経験を活かした
生鮮食品の仕入れに力を入れており、
顧客満足度を高めています。

実際にメガドンキホーテを訪れてみたところ、
広い店舗の様子や、生鮮食品の品揃え、
価格についても確認しました。

具体的な違い

具体的には、
メガドンキホーテは
通常のドンキホーテと比較して
以下の点で異なります。

メガドンキホーテ
– 生鮮食品を扱う

– 店舗面積が広い
– 対象客層が家族や高齢者

「メガドンキホーテ」は、
より大きな店舗面積を活用したファミリー向けの
総合ディスカウントストアの印象です。

商品の種類はほぼ同じですが、
メガドンキホーテでは
特に生鮮食品が特徴的です。

ただし、一部のドンキホーテ店舗でも
野菜など生鮮食品に分類される品目が
販売されています。

ちなみに、メガドンキホーテの平均店舗面積は
約9,000平方メートルです。

 ドンキの種類は他にもある

他にも、
– 「NEWメガドンキホーテ」
– 「メガドンキホーテUNY」
というバリエーションが存在します。

– 「NEWメガドンキホーテ」

メガドンキホーテより小規模で、
生鮮食品よりも生活用品や
加工食品に重点を置いています。

– 「メガドンキホーテUNY」

愛知県稲沢市のユニーのアピタやピアゴから
転換した店舗で、
店舗面積は4,000平方メートルから
5,000平方メートル程度です。

取り扱う商品は
メガドンキホーテとほぼ同じです。

「メガドンキホーテ」と「ドンキホーテ」の違いは?まとめ

結果として、同じ商品であれば
価格差はほとんどありませんでした。

例えば、以下の画像にある玉子は、
左がメガドンキホーテ、右がドンキホーテで、
価格は同じでした。

タイトルとURLをコピーしました