洗濯物は一緒に洗っても大丈夫? 正しい分け方の完全ガイド

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

暮らし

「洗濯物の扱い方」については、
他の家庭の方法を見る機会がほとんどないため、
どうすればいいのか迷うこともありますよね。

洗濯物は一緒に洗っても大丈夫なのでしょうか?

つい自分の家庭のやり方が「普通」だと
思い込んでしまうこともあるでしょう。

洗濯物を全部一緒に洗ってしまう人も
多いかもしれません。

この記事では、
洗濯物の効果的な洗い方をご紹介しますので、
ぜひ最後までご覧ください。

洗濯物を一緒に洗うのは避けるべき?

答えは、分けて洗うことがおすすめです!

洗濯時にすべてを一緒に洗うのは、
実はあまりよくない選択です。

特に新しい衣服は色移りするリスクがあり、
思わぬトラブルになることもあります。

素材や衣類の状態に応じて
分けて洗うことが大切です。

私が経験した失敗談・

新品の白シャツが青く染まってしまった

新しい白いシャツを色移りしやすい
剣道着(青色)と一緒に洗ったことがあります。

結果、シャツが青く染まってしまい、
会社に着て行けなくなりました。

湿気の多い時期のタオルの臭い問題

 

梅雨のじめじめした時期に室内干しをすると、
臭いが気になるタオルが出てきます。

それを再洗濯したにもかかわらず、
干した後でも臭いが残ってしまいました。

続く室内干しのせいで、
結局全てのタオルに嫌な臭いがついてしまいました。

お気に入りのニットが型崩れしてしまった・・・

他の洗濯物と一緒にニットを洗ったら、
型崩れして少し縮んでしまいました。

洗濯ネットを使っても、
残念ながら良くない結果に終わってしまいました。

洗濯術:上手な分け洗いのコツ

1. 色移りの心配があるため、
白い衣服は色のついた衣服とは別に洗いましょう。

2. 室内干しで発生した問題を解決するには、
酸素系漂白剤に浸すか、
熱湯で処理してから別々に洗うか、
あるいは洗濯の回数を増やして
分けて洗うと良いでしょう。

3. ニットのようなデリケートな衣類は、
専用の洗剤を使い、
衣服がこすれ合わないような洗濯コースを選んで、
別々に洗うべきです。

これらの経験を踏まえると、
特定の「洗濯物」は分けて洗う
必要があることがわかります。

特に注意が必要なのは「赤ちゃんの衣服」と
「肌が敏感な人の洗濯物」です。

赤ちゃんの肌は敏感で、
通常の洗濯では強い洗剤が
肌トラブルを引き起こす可能性があります。

敏感肌の方は、
無添加の洗剤や柔軟剤を使うことで
肌の状態が改善することもあります。

これらを別々に洗うことを
試してみる価値はあります。

ライフステージやライフスタイルに合わせた 洗濯の仕方

 

洗濯は繰り返し行うと
時間やコストがかかりますが、
ライフステージやライフスタイルに合わせて
「洗濯物」を上手に分けることで、
効率的に洗濯を行うことができます。

例えば、赤ちゃんがいる家庭では
その衣服を優先して洗う、
特に汚れがひどい服を優先するなど、
状況に応じた分け方をすると良いでしょう。

分ける方法としては、
色物と白物を分けて洗うことで色移りを防ぎ、
赤ちゃんや敏感肌の方の衣服は
別に洗って肌トラブルを防ぎます。

また、ニットなどのデリケートな衣類は
専用の洗剤や洗濯コースを選んで洗い、
形崩れを避けます。

強い臭いや汚れのあるものは
他の衣類と分けて洗うことで、
臭いや汚れの移りを防ぎます。

洗濯物をまとめて洗うのは避けるべき?【まとめ】

 

「洗濯物」をすべて一緒に洗うのではなく、
状況や好みに応じて適切に分けて洗うことで、
洗濯後の問題を防ぐことができます。

少し手間はかかりますが、
洗濯物を分けて洗うことには
大きなメリットがあります。

タイトルとURLをコピーしました