2024年の健康保険証廃止の後、紙の保険証は使える?詳細とその影響

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

暮らし

政府は2024年4月18日、健康保険証を廃止し「マイナ保険証」への完全移行を発表しました。

これにより、従来の紙の健康保険証は使用できなくなる見通しです。

この政策によって、現行の健康保険証は使用停止となり、マイナンバーカードを用いたマイナ保険証へと移行が進められます。

健康保険証の使用は2024年12月2日に正式に終了し、それ以降の新規発行や再発行は行われません。

マイナンバーカードを未取得の方々には、この急な変更が大きな影響を与える可能性があります。

本記事では、次の点に注目して解説します。

– 健康保険証が完全に廃止される具体的な日程
– 廃止後の代替手段
– マイナ保険証を持っていない人への対応策

政府による発表によると、2024年12月2日に紙の健康保険証の使用は終了します。

この日をもって新たな発行はされませんが、2025年12月1日までの1年間は現在の保険証がまだ利用できるとされています。

2024年の健康保険証廃止後の対策

廃止後の主要な手段として「マイナ保険証」が挙げられています。しかし、廃止後も1年間は以下の3つの証明書が引き続き使用できます。

– マイナ保険証(マイナンバーカード)
– 現在の健康保険証
– 資格確認書

政府の政策変更が予期せず行われることがあるため、2025年12月1日まで、紙の健康保険証を使用して医療サービスの受診が可能です。

資格確認書の利用期限について

マイナ保険証を持たない方に交付される資格確認書は、2024年12月2日から1年間有効とされています。

この書類は現行の健康保険証と同様の利用が可能ですが、詳細な情報はまだ発表されていません。詳細が確定次第、情報を更新していきます。

資格確認書が提供されるものの、紙の健康保険証は使用を終了し、将来的にはすべてマイナ保険証への一本化が進められます。この変更に対応するため、早めの手続きをすることが推奨されています。

2024年、健康保険証の代替措置とマイナンバーカード未取得者への対応

「マイナ保険証」の利用率が現在5.4%にとどまっており、大多数の国民は引き続き従来の紙の健康保険証を利用しています。

実際に、約94.6%の国民が紙の健康保険証を使用しており、マイナンバーカードを持っていない方も少なくありません。

マイナンバーカードがない場合でも、健康保険証の廃止に伴い、「資格確認書」が提供されることになります。

この資格確認書は無償で提供されるもので、被保険者の資格を証明し、マイナ保険証の代替として最長で1年間有効です。この期間中にマイナンバーカードを取得することが必要です。

 

タイトルとURLをコピーしました