雪を溶かす方法!手軽で速い対処法と凍りついた雪の解決策

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

暮らし

近年、関東地方を含む都市部での大雪が
目立ち始めています。

雪国の人々にとっては日常的な積雪も、
取り除くのはなかなかの労力です。

特に、普段雪に見舞われることが少ない関東
などで急に雪が降った際、どう対応すれば
良いのか悩む方も多いでしょう。

そこで今回は、手軽に見つかる道具を使った
雪の溶かし方、凍結や硬くなった雪への
アプローチ方法、避けた方が良い間違った
方法をご紹介します。

雪を溶かす簡単な方法1:塩を使う

効果○ 使いやすさ◎ コスト効率◎ 適用場所○
家によくある塩は、雪を溶かすのにも役立ちます。

手頃な価格で大量に使えるため、気軽に
使用できます。

塩をまくと、普通、水が凍る「0℃」よりも
低くならないと凍らなくなります。

この作用で、水分子の動きが止まり、結晶として
固まるのを塩が阻害し、凍結を防ぎます。

さらに、塩は水の温度を下げる効果もあり、
これは飲み物を早く冷やしたり、ホイップ
クリームを作る際にも利用されます。

また、魚を新鮮に保つためにも使われます。

直接的に雪を溶かすより、凍らないようにする
効果の方が高いです。

雪を溶かす簡単な方法2:黒いポリ袋を活用する

効果○ 使いやすさ△ コスト効率◎ 適用場所△
普段使いのポリ袋でも雪を溶かすことができます。

ここでキーとなるのは、黒いポリ袋を
選ぶことです。

黒色は光を吸収しやすく、それによって
熱を発生させて雪を溶かします。

光の吸収率において、白は20%、灰色は80%、
黒は100%となっており、雪はその白さで
光を反射し溶けにくいのです。

この性質を利用して、雪をより効率的に
溶かせます。

ポリ袋に雪を入れるか、袋を開いて雪の上に
広げるか、どちらの方法も可能ですが、
袋を開かない場合は雪を入れるのが大変で、
開く場合は切る手間がかかります。

炭を使った雪の溶かし方

効果は高い○ 使い勝手△ コストパフォーマンス○ 適用場所△
バーベキューでおなじみの炭ですが、冬に
これを利用するのは、特に関東では
珍しいかもしれません。

しかし、東北などのより寒い地域では、
冬に家庭で暖を取るために炭がよく
使われています。

炭をまいて雪を溶かすこともできますし、炭を
燃やした後の灰を利用することもあります。

この方法は炭の黒色が光を吸収して熱を発生
させるという原理に基づいています。

環境にも優しく、暖房費の節約にもなるので、
冬の寒さ対策として炭を使ってみるのも
一つの手です。

ただ、使用する炭によっては廃棄の際に
注意が必要な場合もあります。

特に豆炭は扱いやすく、長時間燃焼する便利さが
ありますが、廃棄する際には産業廃棄物としての
扱いになることがあるので、適切に処理
しましょう。

土を使った雪の溶かし方

効果は高い○ 使い勝手△ コストパフォーマンス◎ 適用場所△
土はその黒っぽい色が光を吸収しやすく、雪を
溶かすのに役立ちます。

手に入りやすく、環境にも優しいので、使い勝手は
良いです。

しかし、雪が溶けた後に泥が残る可能性が
あるため、どこで使うかをよく考える
必要があります。

共有スペースや車が通る場所で使うと、
後片付けが大変になることがあります。

もともと土のある場所や、土が追加されても
問題ない場所であれば、使用しても良いでしょう。

融雪剤を使った雪の溶かし方

効果は最高◎ 使い勝手△ コスト△ 適用場所○
雪を溶かす上で最も効果的なのは融雪剤です。

ホームセンターやインターネットで簡単に
手に入れることができます。

主成分は塩化カルシウムや尿素で、特に
塩化カルシウムは溶けるときに大きな熱を
発生させ、雪を効率よく溶かします。

また、融雪剤が溶け出した水は非常に低温でも
凍らず、凍結防止にも効果的です。

さらに、吸湿性が高いため、湿気取りとしても
活用できます。

ただし、塩化カルシウムは金属の腐食や植物の
枯れる原因にもなり得るので、使用には注意が
必要です。

尿素ベースの融雪剤ならば、塩害の心配が少なく
安心です。

融雪剤は化学物質なので、取り扱いには
十分注意し、特に小さな子供がいる家庭では
誤飲に気をつけ、使用する際には手袋を着用
するなどの配慮が必要です。

凍った雪を素早く溶かすコツ

雪が氷へと変わってしまうと、対処が一層面倒
になります。

しかし、既に紹介した方法も有効ですが、
さらに効率的に処理するための小技をいくつか
紹介します。

方法1:細かく砕いてから溶かす

氷になった雪を細かく砕くことで、空気に触れる
面積や太陽の光を受ける範囲が広がります。

これにより、寒い空気の中でも雪が溶けやすく
なります。

氷を細かくすることで早く溶ける理由は、
かき氷がブロック氷よりも溶けやすいのと
同じ理由です。

可能であれば、この方法を試してみてください。

方法2:穴を開けて空気を通す

雪に穴を開けることで、同じく空気との
接触面を増やし、氷が溶けやすくなります。

特に、溶けかけの雪が再び固まり氷になった
場合に効果的です。

穴を多く開けることで、雪はより速く溶け
始めます。

この方法は、寒い地域で特に好んで用いられます。

方法3:アスファルトやコンクリートに移す

日が当たるアスファルトやコンクリートの
上に雪を移すと、溶けやすくなります。

これは、これらの素材が熱を保持しやすく、
熱伝導性が高いためです。

一方で、土や草の上では、熱伝導性が低く、
空気や水分を多く含むため、温度が
上昇しにくいのです。

雪を溶かす際の避けるべき行為

雪を溶かす際には、注意が必要です。

特に、お湯を使う方法は避けるべきです。

お湯は雪より温度が高く、一見効果的に
見えますが、お湯で溶かした雪が再び凍ると、
さらに対処が困難になる可能性があります。

お湯を使った場所が一面の氷に変わり、
処理が複雑になる恐れがあります。

水を使う場合も、同様に再凍結のリスクがあるため、
慎重に行う必要があります。

雪を手早く溶かすためのおすすめ道具

雪を溶かすのにおすすめな道具1

迅速に雪を対処するには、融雪剤が効果的です。

金属の錆やアスファルトのダメージを避けるため、
尿素を主成分とする融雪剤の使用を推奨します。

尿素タイプは非常に人気があり、雪が降ると
すぐに売り切れてしまうこともあるため、
早めに準備することが重要です。

雪を溶かすのにおすすめな道具2

雪かき作業には、しっかりとしたスコップが
欠かせません。

大量の雪を効率よくかき集め、溶かす場所へ
移動させるために、一台は良質なスコップを
持っておくことが安心につながります。

価格と性能のバランスが取れた製品を選ぶ
ことで、コストパフォーマンスの高い
スコップを見つけることができます。

また、柄が取り外せるタイプのスコップは、
雪を溶かす際に便利な道具としても活躍します。

雪を溶かすのにおすすめな道具3

黒い大型ポリ袋は、雪を素早く溶かすのに
役立ちます。

特に90Lの業務用サイズは、広範囲の雪を
カバーするのに適しており、大量の雪を一度に
処理するのにも便利です。

これらのポリ袋を使用することで、効率的に
雪を溶かすことができます。

雪を溶かすのにおすすめな道具4

凍りついた雪を砕くには、ハンマーやピックが
適していますが、

価格が1万円前後と少々高めです。

それでも、これらの道具を使えば、固まった氷を
砕いて雪をより容易に溶かすことができます。

予算を抑えたい場合は、2千円以下で購入できる
氷割り専用の道具が良い選択肢になります。

効率的に雪を溶かすコツをマスターしよう

上記で解説した雪を溶かす方法や、雪が氷に
変わった際の対策は、予期せぬ降雪にも
迅速に対応できるようにするためのものです。

事前にこれらの準備をしておけば、
雪が多い日も心配無用です。このガイドが、
「雪を溶かす方法!簡単で早いやり方や
凍ったり固まった時の対処法は?」というトピック
に有益な情報を提供したことを願います。

タイトルとURLをコピーしました