布団を早く乾かすコツや方法は?室内干しと外干しでそれぞれ紹介!

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

暮らし

洗濯した布団を早く乾かす方法について、

湿ったままの場合の解決策や1日で完璧に乾かすコツをお伝えします。

「濡れた布団をすぐに乾かしたい!」と思ったことはありませんか?

もちろん、晴れた日に外で干せるならそれが一番ですが、室内での乾燥には時間がかかり、手間もかかります。

布団乾燥機があると、楽ですが、多くの人が持っていないことでしょう。

室内で布団を乾かす場合、スペースに制約があるし、時間がかかります。

また、干していた布団が夕立で濡れたり、子供がおねしょをしたりすることもあります。このような状況は、特に母親にとって大変です。

したがって、この記事では、洗濯した布団を迅速に乾かす方法を紹介します。

「室内で布団が乾かない」「1日で乾燥させる方法を知りたい」という方は、最後までお読みください。

布団を早く乾かす方法(ベランダ)

ベランダでの布団干しに関するコツを見てみましょう。

裏返すのを忘れずに

布団を干す際は、途中で裏返す習慣を持ちましょう。

途中で裏返すことで、両面を均等に乾かすことができます。

布団の表面(肌に触れる面)を十分に干してから、裏返してみてください。

時間帯を気にしてみる

布団を干す適切な時間帯は、午前10時から午後3時です。

早朝や夕方は湿度が高いため、布団が湿気を吸収する可能性があります。

布団の種類によっては、日光に長時間当てると素材にダメージを与えることがあるので、取り扱い方法を確認しましょう。

雨の翌日は避ける

布団は晴れた日に干すことが基本です。晴れた日に干せば、布団はふんわりと気持ちよく乾きますが…

雨の翌日は湿度が高く、たとえ晴れていても前日の雨の影響で、湿気が増えています。

布団を早く乾かす方法(室内)

エアコンで風を当てる

洗濯物を乾かすためには「風」が大切です。

室内では外部の風が入ってこないため、エアコンや扇風機を使用して風を発生させてみましょう。

エアコンや扇風機の風を布団に当て、風の通り道を確保すれば、乾燥スピードが向上します。

家電を利用すれば、布団は速く乾燥します。

乾きやすい形にする

布団を干す際には、ポール(または物干し竿)を2本使用してM字のような型に配置しましょう。

そうすることで、湿った部分がくっつかず、布団を効率的に乾かすことができます。

風が当たる面積が増えますよ。

除湿機を活用する

布団を乾かすためには、部屋の湿度を下げることも重要です。もし除湿機があれば、一緒に使用すると効果的です。

関連情報:布団の洗濯方法と手入れの方法

ドライヤーを使用する

おねしょなどで部分的に濡れている場合は、ドライヤーを使う方法もあります。濡れた箇所に焦点を当てて乾かしてみましょう。

タオルで水分を取る

布団の湿った部分にタオルを当て、水分を吸収してみましょう。

これにより湿度が少し軽減します。

この際、タオルをこすらずに布団の表面に当てることが大切です。

コインランドリーを利用する

エアコンや除湿機がない場合、

大型コインランドリーを利用することもできます。

タオルで水分を拭き取った後、コインランドリーに持ち込むと便利です。

コインランドリーなら室内よりも速やかに乾燥させることができます。

コインランドリーは非常に便利ですね。

予備の布団がない方におすすめの方法です。

布団の乾燥方法

布団を速く乾かすためには、風通しを良くし、空気を循環させることが大切です。

たとえば、室内で布団を干す場合、布団専用の架台やすのこを使って、扇風機やエアコンの風を当ててみましょう。

布団専用の架台がない場合、ホームセンターや通販で手に入れることができます。価格はおおよそ3000〜4000円ほどです。

短時間で乾かすメリット

室内で布団を干すと、不快な臭いが気になることがあります。

しかし実は、短時間で布団を乾かすことで、その臭いを軽減できるのです。

長時間干し続けるよりも衛生的であるため、布団は速やかに乾燥させることをおすすめします。

布団を1日で乾かす方法

1日で布団を乾かす場合、乾燥機があると便利です。

自然乾燥の場合、布団を1日で完璧に乾燥させるのは難しいです。

布団の内部までしっかり乾かす必要があるため、2〜3日間の干し期間を見込む方が良いでしょう。たとえベランダで晴れた日に干しても、1日だけでは湿度が残ります。

したがって、1日で完璧に乾燥させる場合は、コインランドリーや布団乾燥機を利用することをおすすめします。

乾燥機を使用すれば、数時間で完全に布団が乾燥します。

室内で布団を干す場合、家電を活用しましょう

室内で布団を干す場合、屋外で干すよりも乾燥スピードが遅くなります。当然のことながら、布団を1日で完璧に乾燥させるのは難しいです。

そのため、室内で布団を干す場合は、家電をうまく利用しましょう。

布団をM字型に配置し、エアコンや扇風機などで風を当てたり、除湿機で湿度を下げたりするなど、工夫が必要です。

また、風の通り道を室内に作ることで、布団が乾きやすくなります。

布団の湿度に応じていますが、管理者の経験では、扇風機と除湿機を併用した場合、2日間で布団が完全に乾燥しました。

室内で長時間干すと、乾燥に時間がかかります。

まとめ

布団を乾燥させる方法は、季節や環境によって異なりますが、これらのコツを活用すれば通常よりも乾きます。

布団のお手入れに工夫を凝らし、快適な寝具にしましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました