宇都宮市が栃木県の県庁所在地となる背景と、県庁へのアクセス方法

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

暮らし

宇都宮市が栃木県の中枢として広く
認識されているのは周知の事実です。

しかし、この地が県庁所在地として
選ばれた背景には、豊かな歴史や
多くのエピソードがあります。

なぜ宇都宮市が栃木県の行政中心地に
なったのか、その理由は意外と
知られていないかもしれません。

また、県庁への訪問に最適な交通手段や
アクセス方法についても、すべての人が
知っているわけではありません。

本記事では、これらの疑問や不明点を
明らかにし、より深く理解するための
情報を提供します。

初めて訪れる方も安心して情報を
得られるように、詳しく説明していきます
ので、最後までご覧いただければ幸いです。

栃木県の県庁所在地が宇都宮市である理由は、
様々な要素が影響しています。

宇都宮市は栃木県の政治、経済、文化の
中心地としての役割を担っています。

ここには多数の政府機関や公共施設が集まり、
栃木県の豊かな歴史や文化に触れることが
できます。

宇都宮市が栃木県の県庁所在地になった背景

歴史的背景

「栃木市」という名前が存在するにもかかわらず、
県庁所在地が宇都宮市に設定されているのは、
興味深い歴史があります。

実は、栃木県の名はもともと「栃木町」
(現在の栃木市の一部)に由来しており、
初期にはそこに県庁が置かれていました。

明治時代の動き

1871年の廃藩置県に伴い、栃木県内では
いくつかの県が成立しましたが、それらは
後に「栃木県」と「宇都宮県」に
統一されました。

1873年にはこの二つの県が合併し、
栃木県となり、当初は栃木町に県庁が
置かれました。

しかし、1882年に始まった宇都宮市への
県庁移転の運動が成功し、翌年には
宇都宮市へ移転しました。

移転の理由

宇都宮市への県庁移転には、宇都宮が
県の地理的中心に位置しており、人口や
経済活動が栃木市を上回っていたこと、
さらに移転費用を宇都宮市側が
負担することが決め手となりました。

栃木県庁へのアクセス方法

栃木県庁へのアクセスには複数の方法が
あります。

電車でのアクセス

– JR宇都宮駅からバスを利用し、「県庁前」で降りると徒歩約5分で到着します。
– 東武宇都宮駅からは、徒歩約2分で中央通りへ出て、北に向かうと約10分で到着します。

車でのアクセス

– 東北自動車道や北関東自動車道を利用すると便利です。

県庁には来庁者用の駐車場があります。

本記事を通して、栃木県庁所在地が
宇都宮市に選ばれた背景や、アクセス方法
についての理解が深まることを期待します。

栃木県庁の基本的な情報は以下の通りです:

– 住所:栃木県宇都宮市塙田1-1-20
– 郵便番号:320-8501
– 電話番号:028-623-2323
– ウェブサイト:[栃木県公式ウェブサイト](https://www.pref.tochigi.lg.jp/)

栃木県庁の開庁時間は、以下の通り
設定されています:

– 平日は本館(県民サービスエリア)が8時30分から21時まで、
– 土日と祝日は10時から21時まで開いています。
– 昭和館も、平日は8時30分から17時15分、土日と祝日は10時から17時15分までです。
– 来庁者用の地下駐車場は、平日は8時15分から21時30分まで(最終入庫は20時30分)、土日と祝日は9時45分から21時30分まで(最終入庫は20時30分)です。

宇都宮市が栃木県の県庁所在地であるにも
関わらず、栃木市と間違えられることが
よくあります。

これは、栃木市が県名と同じであること
からくる混乱のためです。

実際に、県庁が宇都宮市に設定されたのは、
明治17年に日光県と統合された後のことで、
当時の自由民権運動が盛んだった栃木を
避ける意図もあったと言われています。

他にも、山梨県の県庁所在地が甲府市
でありながら山梨市が存在する例や、
沖縄県の県庁所在地が那覇市でありながら
沖縄市が存在する例など、県名と同じ名前を
持つ市が県庁所在地でないケースは
複数あります。

宇都宮市が栃木県の県庁所在地となった
のには、その地理的中央位置や交通の
便の良さ、戊辰戦争後の再建を経て
宇都宮県の治所としての機能を果たした
歴史、地域住民からの強い要望と負担の
提供など、様々な理由が挙げられます。

塙田が選ばれた具体的な理由については、
詳細な記述がないものの、最終的には
県令の意向が決め手となったと
考えられています。

栃木の歴史と特色について、より流暢な
日本語で説明してみましょう。

栃木の歴史

明治時代に入ると、日本政府は藩を廃止して
県を設立するという大規模な行政改革を
実施しました。

その一環として、1871年には栃木県と
宇都宮県が設立されました。

栃木県という名前は、最初の県庁が設置
された栃木町(現在の栃木市)にちなんで
名付けられました。

その後、1873年に栃木県と宇都宮県は
合併し、現在の栃木県が誕生しました。

初期の県庁所在地は栃木町でしたが、
1884年に宇都宮町(現在の宇都宮市)
へ移転しました。

「栃木」という名前の由来

「栃木」という名前には、以下のような
複数の由来が存在します。

– 十千木説:
栃木市内の神社の屋根に使われた木が
遠くから見ると10本に見えたことから
名付けられました。

– トチノキ説:
この地域にトチノキが多く自生していことが
名前の由来になりました。

– 崩壊地名説:
地形が侵食されていく様子を「チギる」と
表現し、それが名前になりました。

– 遠津木説:
古事記に登場する神話の人物が遠くの地を
「遠津木」と名付け、それが転じて
「トチギ」となりました。

#「栃」の字の使用について

「栃」の字は日本で独自に使用される国字
であり、中国では「橡」と書かれます。

栃木県が「栃」の字を使用するようになった
具体的な経緯は明らかではありませんが、
1889年に県の公式表記として「栃」の
使用が決定されました。

宇都宮市の魅力と見どころ

宇都宮市は、その豊かな観光資源で知られています。

特に訪れる価値のあるスポットは以下の通りです:

– ザ・グランドスパ南大門:

JR宇都宮駅から徒歩約10分の場所にある
この施設は、地下約1,200mからの
天然温泉を活かした露天風呂や多様な
お風呂を楽しむことができます。

– 宇都宮カンツリークラブ:

1961年に開場したこのゴルフクラブは、
宇都宮ICから車で約5分とアクセス
しやすく、歴史と風格を感じながらも
カジュアルにゴルフを楽しめます。

– ファーストタクシーグループ:

質の高いサービスとホスピタリティで
評価されている、栃木県最大の
タクシーグループです。

– 宇都宮天然温泉 ベルさくらの湯:

北関東最大級の日帰り温泉施設で、
多彩なお風呂やリラクゼーション施設を
楽しめます。

– 若竹の杜 若山農場:

広大な敷地に広がる竹林を散策できる
スポットで、映画のロケ地としても
利用されるなど、自然の美しさを
堪能できます。

これらのスポットは宇都宮市の多様な
魅力を象徴しており、訪問者に
忘れられない体験を提供します。

宇都宮市はその豊富な美食で知られ、
地元の人々や観光客に愛されています。

特に、宇都宮餃子は国内外で高い評価を
受けており、市内の多くの飲食店で
楽しむことができます。

宇都宮では、日本料理、中華、イタリアン
など、さまざまな種類の料理を味わう
ことができます。

観光案内サイトによると、宇都宮には
3,700軒以上のレストランがあり、
中でも評判の良い店を簡単に見つけることが
可能です。

宇都宮市の注目すべき歴史建築

宇都宮市には見逃せない歴史的建築物が
たくさんあります。

特に目立つ建物は以下の通りです。

– 旧篠原家住宅:
この家は宇都宮市の象徴的な旧家で、
かつては醤油醸造業や肥料販売業を
営んでいました。

現存する建物は1895年に建てられたもので、
大きな歴史的価値があります。

– 岡本家住宅:

江戸時代中期に建てられたこの民家は、
かつて庄屋を務めていた家族のものです。

独特の構造を持つ主屋や長屋門は、
保存状態が良く見どころの一つです。

宇都宮市とその周辺のおすすめスポット

宇都宮市周辺には、訪れる価値のある
魅力的な観光地や施設がいくつかあります。

– 大谷資料館:
かつての採掘場に設けられたこの資料館では、
大谷石の採掘の歴史や採掘技術について
学ぶことができます。

地下の空間は幻想的な雰囲気があり、
撮影のロケ地としても使われています。

– 宇都宮動物園:
「自然と動物と子どもたち」をコンセプト
にしたこの動物園では、さまざまな動物との
交流を楽しむことができます。

– とちのきファミリーランド:
栃木県総合運動公園にあるこの遊園地は、
家族で楽しめる様々なアトラクションが
揃っています。

– ベルさくらの湯:
この日帰り温泉施設では、美肌に良い
とされる人工炭酸泉や岩盤浴、サウナ
などを満喫することができます。

– 宇都宮美術館:
現代美術やポスター、デザイン家具
など、多岐にわたるジャンルの作品が
展示されており、宇都宮市ゆかりの
美術品も鑑賞できます。

宇都宮市が栃木県の中心である理由

宇都宮市は、栃木県の中核として、その
文化的豊かさ、歴史的な背景、そして
様々な観光地で多くの訪問者を
惹きつけています。

県の行政中心地であるだけでなく、
豊富な見どころを提供する重要な観光地
としても知られています。

訪れた際には、宇都宮市独自の多彩な魅力を
ぜひ体験してください。

以下にその主な特徴を挙げます:

– 栃木県は関東地方に位置しています。
– 宇都宮市は栃木県の県庁所在地としての役割を担っています。
– 宇都宮市は、特に餃子で名を馳せています。
– 栃木県は、美しい自然に恵まれていることで有名です。
– 豊かな歴史を持つ建築物や、多くの人気観光地が点在しています。
– 日光市や那須町といった、有名な観光地が県内に多く存在します。
– 世界遺産である日光の東照宮は特に有名です。
– 農業や工業が、栃木県の主要な産業として挙げられます。
– 多くの温泉地が県内に散在しており、観光の魅力の一つとなっています。
– 栃木県は、豊かな文化や伝統を有する地域です。

タイトルとURLをコピーしました