大根の中が緑でも食べられるの?

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

料理

大根を切ったら内部が緑色だった…
そんな経験に驚いたことはありませんか?

特に青首大根など、
緑や青の部分が見える品種においては、
これらが食べても大丈夫なのか、
疑問に思う方もいるかもしれません。

また、このような色のついた部分を
赤ちゃんの離乳食に使ってもいいのでしょうか?

大根の緑や青い部分は食べられる?

市場で買ってきた大根を切ってみて、
中が緑色だと、ちょっと戸惑いますよね。

しかし、この緑色の部分は
基本的に安全に食べられるとのことです。

緑色になる理由

大根の内部が緑色を帯びる現象には、
主に以下のような理由があります。

日光の作用

日光にさらされることで、
葉緑体が形成され、大根が緑色に見えるようになります。

これは植物が光合成を行うための自然なプロセスです。

品種の特性

青首大根など、もともと緑色の部分を持つ品種もあります。これらは日に当たることで色が濃くなります。

 

緑色部分の活用法

緑色の部分には苦味があることがあるため、
加熱することでその苦味を減らすことができます。

味噌汁や煮物、さらには
ニンニクと炒めた料理にすると
美味しくいただけます。

緑色の部分が厚い場合には、
苦味が強く出ることがあります。

その場合は、薄切りにしてから
調理すると良いでしょう。

また、皮が硬く感じるなら、
ピーラーで剥いてから使うことをお勧めします。

まとめ

大根の緑色部分に対する不安はわかりますが、
青首大根を含む多くの品種で、
この部分も安全に食べられることが分かります。

緑色が濃いほど栄養価も高いとされています。

生で食べるのも良し、
様々な料理に使うのも良しです。

ただし、苦味に注意しながら
適切な量を楽しむことがポイントです。

タイトルとURLをコピーしました