伊達巻の起源:卵焼きとの違いは何?

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

料理

伊達巻は新年のお祝い料理として
知られていますが、実は年中楽しめる
美味しい料理です。

スーパーで手軽に購入できるほか、
自宅で手作りすることもできます。

しかし、伊達巻の名前の意味やその起源、
そして伝統的な卵焼きとの違いに
ついてはどれだけ知っていますか?

この記事では、伊達巻について詳しく
ご紹介します。

伊達巻の意味

伊達巻、または「だてまきたまご」とも
呼ばれるこの料理は、白身魚やエビの
すり身と溶き卵、出汁を混ぜ合わせ、
砂糖やみりんで甘く味付けして焼き上げ、
巻き簾で形を整えます。

お正月のおせち料理には欠かせない
伊達巻ですが、名前には二つの意味が
込められています。

– **第一の意味:** 形が巻物に似ていることから、知識や文化の発展を願う意味があります。
– **第二の意味:** 卵を主材料としているため、「卵=子宝」として子孫繁栄を願う意味があります。

伊達巻の由来

伊達巻の名前には複数の由来が考えられて
います。

伊達政宗説

東北地方の戦国大名である伊達政宗(1567年~1636年)が、魚のすり身と卵を混ぜ合わせた料理を好んで食べたことから名付けられたという説です。

伊達者説

「伊達者」とは、おしゃれで洗練された人を意味します。伊達政宗がそのような人物だったことから、彼の華やかな性格が名前の由来になったと言われています。伊達巻が普通の卵焼きよりも豪華な見た目と味を持っていることから、この説が生まれました。

和服の帯説

女性が和服を着る際に使う細い帯「伊達締め」が、伊達巻と似ていることからこの名前がつけられたという説があります。地域によっては「伊達締め」のことを「伊達巻」と呼ぶこともあります。

伊達巻と通常の卵焼きの違い

「卵焼き」は、卵を溶いて調理器具で焼く
シンプルな料理で、通常はフライパンに
溶き卵を流し入れて、固まり始めたら
巻きながら形を整え、これを繰り返して
厚く仕上げることが多いです。

これを「厚焼き卵」とも呼びます。

出汁を加えると「出汁巻き卵」と称され、
これも卵焼きの一種です。

また、地域によってはフライドエッグを
含むさまざまな卵料理を総称して
「卵焼き」と呼ぶこともあります。

伊達巻との主な違いは以下の通りです。

すり身

伊達巻と通常の卵焼きの最大の違いは、
エビや魚のすり身を使用するかどうか
です。

卵焼きでは主に卵、出汁、砂糖などの
調味料を混ぜて焼きますが、魚のすり身は
加えません。

一方で伊達巻は、エビや魚のすり身を
卵と調味料と共にすり鉢でよく混ぜ合わせて
から焼きます。

卵焼き

調理方法にも違いがあります。

卵焼きはフライパンで少しずつ巻きながら
焼いていきますが、伊達巻はまず平らに
焼いた後、巻き簾(まきす)で丸く形を
整えます。

そのため、伊達巻は巻き簾で包むことに
よって生じるデコボコした表面を持ちます。

伊達巻の日について

5月24日は「伊達巻の日」です。

この日は、伊達巻を日本の食文化として
後世に伝えることを目的に、大阪府
吹田市にある「株式会社せんにち」が、
伊達政宗の命日に因んで制定しました。

伊達巻と卵焼きの違いを理解することは、
この伝統的な料理をより深く楽しむための
第一歩です。

家庭で伊達巻を作る際は、エビや魚の
すり身を使用するのが一般的ですが、
「はんぺん」を使用しても良い選択肢です。

はんぺんの主原料が白身魚であるため、
すり身が手に入らない場合には代用として
適しています。

タイトルとURLをコピーしました