寄り目やり方!目を寄せるテクニック: 苦手な人へのアドバイスと手を使わない練習方法

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

暮らし

最近、写真を撮る際や楽しい時に
「寄り目」でポーズを取ることが、
特に若い女性の間で流行しています。

このユニークな表情は、
愛らしさを演出するためのポーズとして
非常に人気です。

友達と撮る写真で寄り目をすることは、
相互の魅力を引き立て、
さらには様々な年齢層からの好感度も
高めることができます。

この記事では、寄り目の上達方法や、
苦手な人が克服するためのコツ、
さらにメイクを利用した
寄り目効果の出し方について説明します。

寄り目とは?

SNSでの人気

家族や友達との写真撮影で楽しい瞬間を
より印象的にするために、
変わったポーズを取ることは珍しくありません。

その中でも寄り目は、その愛らしさで
多くの人に愛用されているポーズの一つです。

このポーズをマスターすることで、
写真の楽しさが倍増し、
共有の喜びも大きくなります。

目の健康へのメリット

寄り目はただ可愛らしいだけでなく、
目の周りの筋肉を伸ばすことで
目の健康にも寄与します。

デジタルデバイスの長時間使用による
目の疲れが増えている今、
寄り目をすることで目を
リフレッシュさせることが可能です。

この練習は特別な道具を必要とせず、
いつでもどこでも気軽にできるので、
日常生活に取り入れやすいです。

寄り目のコツ

指を使う方法

まずは、寄り目の基本的なやり方として、
指を使う方法から紹介します。

1. 約30センチ先に人差し指を立てます。
2. その指を両目でじっと見ます。
3. 指をゆっくり目に近づけていきます。
4. 目から3〜5センチの距離で10秒間
その状態を保持します。

指を目印として使うことで、
寄り目がしやすくなります。

指を近づける過程で視界がぼやけてくるのは、
寄り目が成功している証拠です。

指を使わない方法

続いて、指を使わない寄り目のやり方を紹介します。

1. 顔を正面に向けたまま、
視線を少し下に移動させます。
2. 鼻がぼんやりと見えてきたら、
その上で焦点を合わせるようにします。

指を使わないで練習することで、
より自然な寄り目ができるようになります。

また、人目を気にせずに
どこでも練習ができるので、
外出先でも気軽にチャレンジできます。

難易度は指を使う方法よりも高いですが、
挑戦することでさらに
技術を向上させることができます。

寄り目がしにくい理由について

斜視の影響について

斜視とは、目の筋肉の不調によって
目がきちんと前を向かない状態のことを言います。

多くの場合、生まれつきのものであり、
日常生活に大きな障害をもたらすものではありません。

「あなたは私を見ていますか?」や
「視線が合っていないようですが?」
といった指摘を受けることがある人は、
斜視である可能性が考えられます。

寄り目とは、目の黒目を中央に寄せる
行動を指しますが、斜視の人は黒目が自然と
外側を向いているため、この行動が難しく
感じられることがあります。

斜視の人が無理に寄り目をしようとすると、
目に負担をかけてしまう恐れがありますので、
慎重に行うべきです。

視界が曇ったり、目が疲れるようであれば、
医師の診断を受けることを推奨します。

デジタルデバイスが原因の急性内斜視について

先に述べた斜視は先天的なものが多いですが、
スマートフォンの長時間使用によって
斜視に似た症状が現れる急性内斜視が増えています。

これは、長時間のスマホ使用によって
引き起こされる、現代に特有の問題の一つです。

特に10代の若者に多く見られ、
現代病としての典型例と言えるでしょう。

急性内斜視をそのままにしておくと
視力が低下することもあるため、
何か異常を感じたら早急に
医療機関での受診が重要です。

スマホを見る際は、
適切な距離を保つとともに、
使用時間を控えめにすることで、
こうした問題を予防できます。

目を寄せた印象を与えるメイク方法

目の間隔を調整するメイク術

これまで、目を内側に寄せる
「寄り目」メイクについてご紹介してきましたが、
自然と目が離れて見えがちな方も
いらっしゃることでしょう。

目が近く見える顔のことを「求心顔」と呼び、
反対に目が離れて見える顔のことを「離れ顔」や
「遠心顔」と称します。

遠心顔は、愛らしさや幼さが特徴ですが、
一方で顔が平面的に見えやすかったり、
印象に欠けたりすることがあります。

求心顔は、成熟した雰囲気やクールな印象、
知的な見た目を持ちますが、
時に厳しく見えたり、
顔が大きく見えたりすることが
悩みの種になることもあります。

両方の顔型にはそれぞれ魅力がありますが、
自分の顔型にコンプレックスを抱えている方も
いるかもしれません。

でも、メイクを上手に使えば、
求心顔や遠心顔の印象を
自在に操ることが可能です。

シェーディングで寄り目メイクを実現

寄り目メイクのカギとなるのは、
シェーディング技術です。

特に目が離れて見える方は、
顔に立体感を加えることで、
目の間隔を調整することがポイントです。

鼻筋にシャドウとハイライトを巧みに使い、
目を中心に寄せたように見せる技術が求められます。

眉の内側から鼻筋へと繋がるように、
暗めのシャドウを塗ることで、
目が自然に寄せられた印象を演出できます。

メイクをする際には、
光の良い場所で行うことが重要です。

暗い場所でメイクをしてしまうと、
実際よりも濃いメイクになりがちで、
外に出たときに違和感を覚えることがあります。

アイブロウを使った寄り目メイクのコツ

アイブロウを描く際にも、
寄り目メイクのポイントがあります。

眉頭を少し内側に寄せ、
眉毛と目との距離を短くすることで、
知的で大人の雰囲気を演出できます。

離れ目のかわいらしい印象から、
より洗練された印象へと変えることができます。

眉尻を濃くし、眉頭は薄くすることで、
自然で美しいグラデーションを作り出しましょう。

アイブロウパウダーを使えば、
眉頭を自然に仕上げることが可能です。

特に、色を調整できる
アイブロウパウダーを使用すると、
様々なスタイルに合わせやすくなります。

長持ちさせたい場合は、
眉尻にはペンシルやリキッドタイプの
アイブロウを使用すると良いでしょう。

##目を寄せる見た目を演出するメイク術

アイシャドウで目を寄せる見た目を作る

目を寄せた印象を出すための
アイシャドウの使い方には、
色の塗り方がカギを握ります。

通常、目を大きく見せたいときは、
目尻側を濃くしてグラデーションを作りがちですが、
これは目を横長に見せてしまうため、
目が離れて見える原因となります。

目を寄せたように見せるためには、
縦のグラデーションを心がけましょう。

知的な雰囲気を目指すなら、
ブラウン系のアイシャドウがお勧めです。

ルナソルのように肌に馴染みやすく、
細かなパールで女性らしさを引き立てる
アイシャドウは、デイリーメイクにも活躍します。

アイライナーでの目の寄せ方

目を寄せた印象を強調する
アイライナーの使い方では、
目頭に切開ラインを加えることがポイントです。

この技法は、まるで目頭が実際に
切開されたかのような見た目を作り、
目同士の距離を狭める効果があります。

このとき、にじみにくい黒の
リキッドアイライナーを選ぶと良いでしょう。

ラインを引く際は、一度に引こうとせず、
点を打つようにして少しずつ描き足していくと、
より自然な仕上がりになります。

アヴァンセのジョリ・エ ジョリ・エなど、
にじみにくく、洗顔料だけでオフできる
アイライナーは、使い勝手が良いですね。

オンラインショップでは、定価よりも手頃な価格で
手に入れることができることも魅力の一つです。

寄り目風メイクに挑戦しよう

「寄り目」風メイクは、誰にでも簡単に挑戦でき、
目を寄せた印象を与えることができます。

実際に目を動かして寄り目を作ることは、
目の疲れを和らげるのにも役立ちます。

疲れた目には、このような
メイクテクニックを取り入れるだけでなく、
日々の目のストレッチとしても
活用するのがおすすめです。

今回は、そんな寄り目風メイクのテクニックや、
目が離れて見えがちな方も
簡単に試せるメイク方法をご紹介しました。

タイトルとURLをコピーしました