自宅で簡単に「山吹色」を作る方法: 基本の混色法3選と類似色の見分け方

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

暮らし

「山吹色」は黄色のバリエーションの一つで、
標準の黄色よりも少し赤みが加わった色です。

この色は黄色の明るさとは異なり、
もっと穏やかな雰囲気を演出します。

日本の伝統色としても知られており、
平安時代からの長い歴史を持つ色です。

このユニークな色は、子供用の絵の具セットには
なかなか含まれていません。

ですが、標準の黄色では満足できない時や、
少し違う種類の黄色が欲しい時に
「山吹色」がとても便利です。

この記事では、黄色に他の色を加えることで
「山吹色」を作る方法を紹介します。

筆者がカラーコーディネーターとしての経験を基に、
「山吹色」の魅力についても触れます。

加えて、カラシ色、オレンジ、キャラメル色など
「山吹色」と似た色との微妙な違いについても
説明します。

「山吹色」の作り方

ここでは、「山吹色」を作るための
三つの基本的な方法を紹介します。

– 黄色とピンク色を混ぜる
– 黄色と橙色を混ぜる
– 黄色と赤色を混ぜる

それでは、これらの方法を
詳しく見ていきましょう。

黄色とピンク色を混ぜる

続いて、黄色にピンク色を加えてみましょう。

ピンク色には赤色だけでなく、
青や白も含まれています。

その結果、少し青みがかった柔らかい
「山吹色」が得られます。

ピンク色に含まれる白のおかげで、
色が少し淡く見えます。

この方法のおすすめの比率は、
黄色4に対してピンク色1です。

黄色と橙色を混ぜる

最後に、黄色と橙色を混ぜて
「山吹色」を作る方法です。

橙色は黄色に赤みが加わった色なので、
これを加えることで必要な赤みを
出すことができます。

黄色と橙色を3対1で混ぜることで、
黄色が際立った鮮やかな
「山吹色」が完成します。

黄色と赤色を混ぜる

「山吹色」を作る最も基本的な方法は、
黄色に赤色を加えることです。

理想的な配合は黄色5に対して赤色1です。

混ぜるときは、赤色を少しずつ
黄色に加えていきましょう。

黄色は非常に鮮やかな色なので、
暗い色を加えることで
色の調整がしやすくなります。

「山吹色」と似た色たちの魅力とその差異

「山吹色」の近くには、
さまざまな色がありますが、
それぞれ微妙に違っています。

たとえば、からし色やキャメル色とは
一体どこが違うのでしょうか。

特にファッションの世界では、
これら似たような色合いが多く存在し、
選ぶ際に迷うことも少なくありません。

ここでは、「山吹色」と密接に関連する
からし色、オレンジ色、キャメル色との
微妙な差異について、色の暖かさや深みなど、
さまざまな側面から紹介します。

「山吹色」と「オレンジ色」の差異

「山吹色」とオレンジ色を比較すると、
オレンジ色の方が赤みが強いです。

これは赤と黄色の中間の色で、
橙色とも呼ばれます。

オレンジ色は赤の情熱と黄色の明るさを
兼ね備えており、気分を高めたり
食欲を刺激する効果があるとされています。

そのため、元気を出したい時には
オレンジ色のアイテムがおすすめです。

「山吹色」と「キャメル色」の比較

「山吹色」と「キャメル色」という
二つの色には、それぞれ特有の魅力があります。

「キャメル色」は、その名が示す通り、
ラクダの毛色からインスピレーションを得た色で、
黄土色や淡い茶色に近い色合いをしています。

「山吹色」は赤みを帯びた鮮やかな黄色であり、
それに比べて「キャメル色」は
より落ち着いた印象を与えます。

「キャメル色」は派手すぎず、
落ち着いた雰囲気を出すことができるため、
上品なイメージを求める時にぴったりです。

「山吹色」と「からし色」の違い

「山吹色」と「からし色」は
とても似ていますが、詳しく見てみると、
「山吹色」のほうがより鮮やかで、
「からし色」は少し控えめな色合いです。

「山吹色」は赤みを帯びた黄色で、
「からし色」は黄色に茶色が加わっています。

どちらも赤みがあるため、
温かみのある色として分類されます。

秋が近づくと、控えめな「からし色」の
服を着たくなる人も多いでしょう。

この色は黄色に比べて派手すぎず、
年齢を問わずに温かみのある印象を与えます。

 

タイトルとURLをコピーしました