「2センチ」ってどのくらい? 日常で見つけるジャストサイズのコツ!

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

暮らし

ある晴れた日、
公園で子どもが思い切り遊んでいると、
大好きなズボンに突然穴が開いてしまいました。

子供の服はあっという間に小さくなるものです。

そこで、なんとかして修理し、
再び使えるようにできないかと考えました。

インターネットで見つけた可愛いパッチが
まさに2センチの大きさで、
このパッチで穴をカバーできるかが
気になりました。

しかし、困ったことに測るための定規や
メジャーがどこにもありません。

セールが今日限りで、
どうしても今夜にでも購入したい。

だけど、時間はもう遅い…そんな時、
ふと「家にあるもので2センチを
測定できないだろうか?」と思いました。

調べてみると、実際にできる方法があるんです!

この記事では、日常にあるもので
2センチがどれくらいかを簡単に解説します。

硬貨を使った2センチの測り方

今回は、硬貨をただ並べるのではなく、
その厚みを使って2センチをどう測るかを
見ていきましょう。

各硬貨の厚さは次のようになっています。

– 1円、5円、10円硬貨は1.5ミリメートル
– 50円、100円硬貨は1.7ミリメートル

このデータをもとに、1円、5円、10円硬貨を
13枚積み重ねると、ほぼ2センチになります。

\[1.5ミリメートル \times 13枚 = 19.5ミリメートル
= 1.95センチメートル\]

そして、50円や100円硬貨を12枚積み上げると、
およそ2センチになります。

\[1.7ミリメートル \times 12枚 = 20.4ミリメートル
= 2.04センチメートル\]

このように、硬貨を積み上げて
2センチを測るのは、子供たちにとっても
面白い学びの機会になります。

 

2センチってどのくらい?

身の回りのものを使って、
定規やメジャーがないときに
2センチを測る方法をご紹介します。

実は、持っている硬貨を使えば、
簡単に2センチを測ることができるのです。

– 1円玉
– 5円玉
– 50円玉
– 100円玉

それでは、これらの硬貨を使って
どのように測るか見ていきましょう。

100円玉

最後に100円玉です。

自動販売機や駐車場料金などで
頻繁に使われるこの硬貨は、
直径が約2.26センチで、2センチより
わずかに大きめです。

50円玉

50円玉の場合、その直径は2.1センチです。

これも、約2センチの大きさを知るのに
役立ちます。

5円玉に比べると、50円玉の方が少し小さく、
2センチにより近い測定が可能です。

5円玉

次に5円玉です。

5円玉は縁起の良いものとして
家に置いている人もいるでしょう。

5円玉の直径は2.2センチで、
2センチより少しだけ大きいですが、
大体の2センチを測ることができます。

1円玉

1円玉の直径はちょうど2センチ。

ですから、1円玉が一枚あれば、
簡単に2センチを測定できます。

1円玉は1枚約1gの重さがあるので、
重さを量る際にも役立ちます。

硬貨の預け入れや交換に手数料が発生する今、
1円玉を貯める人は少なくなっていますが、
持っていると何かと便利です。

まとめ

2センチという長さを正確に知るためには、
普段は定規やメジャーが必要になります。

しかし、そうした測定道具が手元にない時でも、
硬貨を使って大体の長さを知ることができる
というのは非常に便利です。

家にある1円玉などを使って測るのは、
子どもにとっても楽しい活動になりますし、
家族で2センチの物を探してみるのも
良い経験になるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました