「チェルシー」がもう店頭にないって本当?もう手に入らない?

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

人気商品

1971年から販売されていた明治の
「チェルシー(CHELSEA)」飴が、

53年の長い歴史を経て2024年3月に
販売終了するという話がありますが、これは事実です。

実際、販売終了の告知がお菓子コーナーに掲示されています。

なぜチェルシー(飴)がもう手に入らないの?販売終了の理由は?

「チェルシー(飴)」は、
英国スコットランドの伝統的な
スカッチキャンディにヒントを得て作られました。

パッケージには、英国の上品さを
象徴するような黒と花柄の鮮やかな
デザインが使われています。

コーヒースカッチやアーモンド、
カシューナッツ味など、様々な味わいが楽しめ、
缶入りバージョンもありました。

ところが最近になって、
チェルシー(飴)が店舗で見つからなくなりました。

コンビニや小さなスーパーでは扱われておらず、
大きな店舗やディスカウントストアによっても
取り扱いが異なります。

この販売終了は、製造終了が理由です。

明治は、「市場環境の変化や消費者のニーズの変動により、売上が下がり、経済的に持続不可能になった」と販売終了の理由を説明しています。

「カール」、「ポポロン」、
「ヨーグレット/ハイレモン」など、
長年にわたって愛されてきた商品も
販売量の減少や販売終了を迎えました。

これらの商品は、多くの人々に親しまれてきましたが、
時代の流れとともに市場から消えていきました。

 

タイトルとURLをコピーしました