バーベキューで冷たい飲み物をキープするコツ!キンキンにするには?

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

イベント

バーベキューの時、どうやったら
飲み物を冷たく保てるのか、
氷点下まで冷やす必要があるのか気になりますよね?

美味しく焼けた肉や野菜と同じくらい、
キンキンに冷えた飲み物があれば最高です。

でも、屋外での活動でそれを維持するのはなかなか大変です。

バーベキュー時の飲み物を急速に冷やす方法

ビールやジュースをすぐに冷たくしたい時、

一つの効果的な方法は、
氷や-16度まで冷えた保冷剤の上で
ゆっくりと缶を回すことです。

この方法なら数分でびっくりするほど
冷えた飲み物ができあがります。

また、キッチンペーパーを水で湿らせて缶に巻き付け、
それを氷の中に入れておくと、約10分でしっかりと冷えます。

この方法を試してみる価値は十分にあります。

バーベキューで冷たい飲み物をキープするコツ!

まずはクーラーボックスを用意し、
板氷や強力な保冷剤で底を覆いましょう。

ただし、飲み物を直接その上に置いても、
接触面だけが冷えるため、更に細かく砕いた氷を加え、
その中に飲み物を入れることをおすすめします。

細かい氷は飲み物を素早く冷却できますが、
屋外での使用では日差しによって
すぐに溶けてしまうことがあります。

そのため、より大きな氷の塊を使用し、
それを適切な大きさに砕いてから使うと、
炭酸やジュースを均等に冷やし、
さらに長持ちさせることができます。

また、出発前に飲み物をしっかり冷やしておくこと、
クーラーボックスを地面に直接置かずに、
テーブルや椅子の上に設置すること、
そして開け閉めをできるだけ控えることが大切です。

これらの工夫をすることで、
夏の暑い日でも冷たい飲み物を存分に楽しむことができます。

ぜひ試してみてください。

バーベキューで缶飲料を凍らせるテクニック

実は缶飲料を凍らせても問題ないんです。

これはビールはもちろん、ジュースにも適用可能です

特に、アメリカで人気のライトビールは
凍る寸前の冷たさが最も美味しいとされています。

家で飲む際に冷凍庫で冷やすことも良い方法ですが、
凍らせすぎないように注意が必要です。

もし凍ってしまっても、溶ければ
再び美味しい飲み物に戻ります。

大人数でのバーベキューでは、
最初にすぐに飲む分は普通に冷やし、
後で飲む分は凍らせておくと、
飲むタイミングにちょうど良く冷えていることでしょう。

バーベキューで飲み物を冷やす

外でのバーベキューは特別な楽しさがありますが、
そんな時こそ冷たい炭酸飲料が恋しくなりますよね。

ジュースでもいいですが、温かくなってしまうと
半分楽しみが損なわれます。

川辺でピクニックをする時などは、
川に沈めたり、氷を入れたバケツに
飲み物を入れたりして冷やすことが多いですが、
いまいち冷えきらないこともありますね。

そこで、氷を使った基本的な方法がありますが、
ただ氷を浮かべた水に炭酸やジュースを入れるだけでは、
見た目ほど冷えていないことが多いです。

特に直射日光の下では水自体も暖かくなりがちです。

まとめ

良い保冷性能を持つクーラーボックスに、

あらかじめ凍らせたペットボトルのお茶などを
いくつか入れ、


飲み物が入るだけ入れた後、
蓋が閉まる程度まで氷を足せば、

一晩中冷たさを保つことができます。

質の良い釣具やアウトドア用の
クーラーボックスなら安心ですが、
もっと手頃な価格のものでも、
コンビニで買える板氷を一つ加えるだけで十分です。

さらに、家で大量の板氷を作っておき、
現地に着いたらクーラーボックスに
水をたっぷりと加えて氷を入れると、
屋台で売っているような冷え冷えのビールや
ジュースが楽しめます。

クーラーボックスがない場合でも、
発泡スチロールの箱を代用できます。

特におすすめなのは、氷屋で販売されている
大きな氷ブロックです。

これをクーラーボックスに入れれば、
長時間飲み物を冷たく保つことができます。

大きな氷は必要に応じて割って使用すると良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました