日傘は白がいい?それとも黒?選び方と紫外線から守るコツ

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

暮らし

日傘の色で紫外線対策に違いがあるのか、
迷う人もいるかもしれませんね。

市場には黒い日傘が多く見られますが、
それに比べて白い日傘の効果はどうでしょう?

また、日傘の外側と内側の色が異なる場合、
紫外線防御効果にどのような
影響を与えるかもポイントです。

日傘を選ぶなら、白?それとも黒?どちらが良いか考える

日傘を選ぶ際、紫外線をよく遮るために
内側が黒いものを選ぶと良いとされています。

紫外線だけでなく、可視光線や
赤外線の浸透も抑えることが大切です。

一般的には、黒い日傘は
白いものよりも日焼け防止に効果的です。

 

黒色は光をほとんど吸収し、
白色は光を反射します。

実際に、紫外線や可視光線のカット率は
色によって変わります。

たとえば、白色は紫外線を約90%、
可視光線を60%カットするのに対し、
黒色は95%カットします。

紫外線は多方向から来るため、上からだけでなく、
側面や地面からの反射光も問題になります。

そのため、日傘の裏面が黒いと、
これらの光を吸収して顔への反射を防ぎます。

しかし、直射日光が肌に暑さとして感じられるのは、
可視光線や赤外線が主な原因で、
紫外線はそれほど熱を持ちません。

一方、衣服の場合は黒色が光を吸収しやすいため、
結果として暑くなります。

 

衣服については、黒色は体に密着しやすく
熱を持ちやすいので、日傘をさしながらも
涼しい白い服を選ぶのがおすすめです。

色が濃いほど、同じ素材や構造であれば
光の透過度が低くなります。

まとめ

スポーツ、マリンスポーツ、
ゴルフ、アウトドア活動、
海やプールでの遊びなど、
日差しが強い場面では、
徹底した紫外線対策が重要です。

日焼け止めクリームの使用、適切な衣類の選択、
帽子やサングラスの併用は、日傘と合わせて
効果的な紫外線防御策となります。

これらの対策を講じることで、
夏の楽しみを安心して満喫できます。

紫外線対策は、肌を守るだけでなく、
将来的な健康リスクを減らすためにも重要です。

だからこそ、日傘選びにおいて
色の選択は非常に重要であり、
紫外線対策をしっかりと行うための
基本中の基本と言えるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました