朝顔に似た花の種類: ピンク、紫、赤の多彩な色合いを持つ花を写真で紹介

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

暮らし

夏の訪れと共に、
朝顔はその鮮やかな青や紫の
トランペット形状の花を咲かせます。

通常、これらの花は日の出前に開き、
午前中には美しさを失うことが多いですが、
日中や夕方、時には夜にも
朝顔と似た花が見られることがあります。

オレンジや白など、
他の色の朝顔に似た花も存在します。

本記事では、朝顔と類似する
花の名前や特徴について詳しく説明します。

朝顔に似た花を見分けるポイントと特徴

朝顔の種類は豊富で、
約1600種類に及ぶと言われています。

ここでは、朝顔の基本的な特徴を紹介し、
これに当てはまらない花を
朝顔と似ていると判断する方法を説明します。

一般的に朝顔は、葉が3つに分かれる(3裂葉)、
茎には毛があり、花は正午前にしぼみます。

– 花の色:ピンク、紫、赤、青、白など
– 開花時期:6月から10月
– 開花時間:早朝から正午まで
– 葉の形:3裂

もし午後まで開花している、
または朝顔に似ているが葉の形が異なる場合、
それは朝顔ではない可能性があります。

朝顔に似た花を特定する際、
開花する時間帯や葉の形状が
重要なポイントです。

また、花の形や色、大きさが異なる場合も、
朝顔とは別の種である可能性があります。

朝顔に似た花1:マルバアサガオ(丸葉朝顔)

– 色:紅紫色、赤、青、白
– 開花時期:7月から11月
– 開花時間:早朝
– 葉の形状:丸い(ハート型に近い)

マルバアサガオは、葉の丸みが特徴で、
主に早朝に咲きますが、
昼頃まで開花することもあります。

10月以降にハート型の葉を持つ
朝顔に似た花が見られれば、
マルバアサガオである可能性が高いです。

朝顔に似た花2:ペチュニア(ツクバネアサガオ)

– 色:赤、ピンク、青、紫、白、黄色
– 開花時期:3月から11月
– 開花時間:特に指定なし
– 葉の形状:尖った卵形

ペチュニアは、日本の気候に適応するよう
品種改良されており、花の色や形、
大きさに多様性があります。

朝顔に似た色や大きさの花を持つことがありますが、
葉の形状を見れば、朝顔とは異なることが
すぐに分かります。

朝顔に似た花を名前で特定する際、
葉の形状の違いを手掛かりにすると
良いでしょう。

朝顔に似た花の紹介3:ダチュラ

– 色:白、紫、黄
– 開花期:7月から9月
– 花の寿命:2~3日
– 葉の形:卵形、時折、縁に切れ込みあり

朝顔とは異なりますが、花の形が似ているため
「アメリカチョウセンアサガオ」とも
呼ばれています。

この花は2~3日で散りますが、
長期間にわたり次々と花が咲く特長があります。

朝顔に似た花の紹介4:ケチョウセンアサガオ

– 色:白
– 開花期:初夏から晩秋
– 開花時間:夕方から24時間
– 葉の形:楕円形

ダチュラと同様に朝顔に似ているとされますが、
ケチョウセンアサガオは茎や葉の裏面に
細かい毛が生えています。

特徴的なのは、夕方に花が開き始めることで、
朝顔とは明らかに違います。

朝顔に似た花の紹介5:エンゼル・トランペット

– 色:ピンク、オレンジ、白、黄
– 開花期:5月から11月
– 葉の形:長い卵形、縁にギザギザあり

見る角度によっては朝顔と
間違えることがありますが、
エンゼル・トランペットは
特徴的に下向きに咲きます。

この花は、葉の形状と咲き方から識別できます。

朝顔に似た花の紹介6:ハマヒルガオ

– 色:赤
– 開花期:5月から6月
– 葉の形:腎臓形

朝顔と非常に似ており、
見た目はほとんど同じですが、
生えている場所や葉の形状で区別が可能です。

特に葉が腎臓形であることが特徴です。

朝顔に似た花の紹介7:クロホオズキ

– 色:薄紫、青
– 開花期:6月から9月
– 葉の形:尖った形で縁に切れ込みあり

花の縁に特徴的な切れ込みがあるため、
朝顔とは一線を画します。

クロホオズキを見分ける際は、
葉の形や花の縁の形状が手がかりになります。

朝顔に似た花の紹介8:アメリカアサガオ

– 色:青、紫
– 開花期:9月から11月
– 葉の形:心臓型で深く3裂

朝顔と似ていますが、
アメリカアサガオは葉が深く3裂しており、
花のサイズが朝顔よりも小さい点が異なります。

これらの特徴で花を識別できます。

朝顔に似た花の紹介9:カリブラコア

– 色:ピンク、紫、赤、黄、

白、オレンジ、青
– 開花期:4月から11月
– 葉の形:卵形

カリブラコアは、花の形状や色彩、葉の形状、
開花期間から朝顔との類似性が見て取れます。

特に開花期間が長いので、
春早くに朝顔に似た花が見られる場合は
カリブラコアである可能性が高いです。

星朝顔の紹介

– 色:淡紫色
– 開花時期:9月から10月
– 葉の特徴:広がった卵形で
部分的に3つに分かれることがある

秋の季節に咲く星朝顔は、
朝顔と外見が似ていますが、
中心部分が濃紫色で、
花の大きさは比較的小さいです。

この植物は主に低地で見つかり、
蔓を伸ばす性質があります。

豆朝顔について

– 色:淡紫色と白
– 開花時期:9月から10月
– 葉の形状:長卵形か心臓形、時に3つに分裂

秋の始まりによく見られる豆朝顔は、
朝顔よりも小さな花を咲かせます。

葉の形が定まっていないため、
豆朝顔を葉のみで識別するのは難しいです。

サツマイモの花

– 色:ピンク
– 開花時期:秋

サツマイモはヒルガオ科に属しており、
朝顔によく似た花をつけます。

秋になると開花しますが、
気温が十分に高くないと花は咲かず、
特に本州ではめったに見ることができません。

ノアサガオの特徴

– 色:青、白、ピンク
– 開花時期:6月下旬から11月

強靭で繁殖力が高いノアサガオは、
長い期間にわたって花を楽しむことができ、
緑のカーテンとしても人気があります。

10月には特に多くの花を咲かせるのが特徴です。

コンボルブルスについて

– 色:青、白、ピンク
– 開花時期:5月から7月
– 葉の形状:卵形

コンボルブルスは日中だけ花を開き、
夜や雨の日は閉じる漏斗形の花を持ちます。

地面を這うように広がる成長パターンは、
朝顔との顕著な違いです。

マルバルコウソウの説明

– 色:朱色、中央は黄色
– 開花時期:8月から10月
– 葉の形状:心形

荒地でよく見かけるマルバルコウソウは、
小さなラッパ型の花が特徴的で、
花の先が5つに分かれています。

カルミア(アメリカシャクナゲ)に関して

– 色:白、ピンク、赤、茶色
– 開花時期:5月上旬から6月中旬

花が咲いていない状態では
朝顔と見分けがつきにくいカルミアですが、
開花するとその白い花は
朝顔に似た印象を与えます。

しかし、花の内部構造を見れば、
すぐに朝顔ではないことが判明します。

エンサイの特長

– 色:白または淡い紫
– 開花期:10月頃
– 葉のタイプ:長卵形

エンサイは朝顔に似た花を持つため、
「朝顔菜」とも呼ばれることがあります。

空芯菜という名前でも知られており、
夏の終わりから秋にかけて収穫し、
炒め物に使うとおいしいです。

アメリカフヨウの概要

– 色:赤、ピンク、白
– 開花期:7月~9月
– 葉の形状:卵形

アメリカフヨウは見た目が朝顔と似ているものの、
花弁が分かれているため、
詳しく見ると区別がつきます。

南国風の外見をしていますが、
寒さにも意外と強いです。

パンドレアについて

– 色:白、ピンク、赤
– 開花期:5月~10月
– 葉の形状:卵形

漏斗形で大きく開くパンドレアの花は
朝顔に似ていますが、夏の間は
花の量が減る点が異なります。

たくさんの花を楽しみたい場合は、
緑色の葉を選ぶのがおすすめです。

ソライロアサガオの情報

– 色:青、白、淡い紫
– 開花期:8月~10月
– 葉の形状:卵形または心臓形

ソライロアサガオは、
朝顔に似た花を持ちますが、
夕方にしおれることがありません。

ヨルガオに近い系統で、寒さに強いため、
庭園用として優れています。

特別な話題:「団十郎朝顔」

– 色:茶色
– 開花期:9月中旬~下旬
– 葉の特徴:蝉葉

蝉葉は、茎の近くで二つに分かれる葉の
形状を指します。

「団十郎朝顔」は、花も葉も無地で、
中心が真白いのが特徴です。

種の収穫が困難なため「幻の朝顔」
とも呼ばれます。

最近は団十郎朝顔に似た
茶色の朝顔も見られますが、
江戸時代からの本物と出会うのは難しいです。

朝顔やそれに似た花を特定する際は、
葉の形状や開花期などの特徴をヒントにすると
良いでしょう。

さまざまな条件を考慮して探せば、
新たな発見があるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました