香典袋に名前を書く方法: 個人、夫婦、共同名義、企業や部署別対応

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

暮らし

香典袋に名前を記載する際、
どのように書けば良いか
迷うことがよくあります。

個人名なら比較的シンプルですが、
夫婦や企業名をどう表記するか、
夫婦は一緒に名前を書くべきか、
企業名だけで充分か、
部署名をどのように入れるかなど、
状況によって異なることが多いです。

ここでは、香典袋に名前を記載する際の
各シチュエーションについて説明します。

香典袋に名前を書く方法

さまざまな状況に応じた
香典袋の名前の書き方を詳しく説明します。

個人

個人で香典を持参する場合は、通常、
水引の下の中央に自分のフルネームを書きます。

場合によっては、企業名や部署名を
追加することもあります。

夫婦

夫婦で香典を贈るときは、
一般的には夫のフルネームを記載します。

夫の名前だけで十分ですが、
両方ともに親しい関係であれば、
夫の名前の横(左側)に妻の名前を
添えることができます。

夫が参列できず妻が代理で出席する場合、
夫の名前の下に小さく「内」
と書くのが適切です。

複数連名

複数人で香典を出す場合は、
名前の書き方にいくつかの方法があります。

2人で贈る場合

2人の氏名は、
バランスを考慮しつつ中央に記載します。

3人で香典を贈る場合

中央に一人の名前を書き、
残りの2人の名前はそれぞれ左右に配置します。

4人以上で香典を贈る場合

一般的に連名で書けるのは3人までです。

4人以上になった場合は、
代表者の名前を中央に書き、
その左下に「他〇名」と記入します。

※複数人で香典を出す場合、
特に企業から香典を出す際は、
会社名を一番右に記載し、
最上位の役職者の名前を右端に置きます。

会社名義で香典を贈る場合

企業から香典を贈る際の情報です。

会社名義で贈る場合

企業から香典を贈るときは、通常、
代表者の名前を使い、中央に社長の名前、
その右側に会社名を記載します。

会社名だけで香典を出すことは少なく、
関係者が亡くなった場合も、
代表者の名前の隣に会社名を添えて
関係を明らかにします。

上司代理で贈る場合

会社関係で上司に代わって香典を贈る場合、
上司の名前の左下に「代」と小さく書きます。

部署全体から香典を贈る場合

部署全体で香典を出すときは、
「〇〇部一同」と中央に記載し、
右側に会社名を書きます。

香典を贈った人の名前、金額、
住所は内側に入れる紙に記入すると良いです。

まとめ

キリスト教や他の宗教でも、
名前の書き方は基本的には同じです。

薄墨が望ましいですが、
ない場合は筆ペンで書いても構いません。

タイトルとURLをコピーしました