「卒業式」における「第二ボタン」の 代わりはある?起源と意味に迫る

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

子ども・学校

 

かつては「卒業式」で
男子生徒の制服の「第二ボタン」を
もらうのが一般的な風習でした。

しかし、現在ではこの習慣は
少しずつ古くなりつつあり、
知らない生徒も増えています。

そこで、「卒業式」での
「第二ボタン」の意義はどう変わっているのか、
新しい流行は何かという点が注目されます。

さらに、「第二ボタン」を贈る
背後にある意味や伝統も探ります。

「卒業式」での新しい風習

現在では、「第二ボタン」の伝統が
徐々に色褪せ、ブレザー式の制服が
普及しています。

代わりにネクタイ、名札、校章などが
新たな記念品として選ばれています。

これらは学生生活の象徴であり、
卒業記念の価値を高めています。

また、記念撮影や花束を贈る、
クラスメイトと制服を空に投げるなど、
新たな卒業記念の方法も生まれています。

卒業式では、普段は厳しいスマートフォンの
使用規制も緩和されることがあります。

「卒業式」における「第二ボタン」の意義とは?

日本では「卒業式」で「第二ボタン」を
交換することが一般的です。

このボタンは制服の胸部にあり、
感情(心)に最も近いとされています。

これは、心からの愛を表す行為であり、
大切な人への愛情や感謝を示す象徴です。

「卒業式」が別れの時期であることから、
「第二ボタン」は特別な感情を
伝えるのに適しています。

制服の他のボタンの意味は?

制服のボタン一つ一つには
それぞれ意味があるとされています。

たとえば、第一ボタンは自己を、
第三ボタンは友情を、第四ボタンは家族を、
第五ボタンは外部の人々を象徴しています。

そのため、「第二ボタン」は
特に愛や親密さを象徴するものとして
際立っているのです。

ブレザー式制服の場合はどうなる?

「卒業式」での「第二ボタン」の交換は、
日本の文化の中でも特に記憶に残るものです。

しかし、現在ではブレザー式の制服が普及しており、
「第二ボタン」が心臓から離れた位置にあるため、
その象徴的な意味合いも変化しています。

ブレザーを着用する生徒の間では、
ネクタイや校章、名札など、
「第二ボタン」に代わる
新しい記念品を贈る習慣が生まれています。

「卒業式」と「第二ボタン」の伝統の背景

「第二ボタン」にまつわる由来は
いくつか存在します。

その一つとして、
戦争の時代に前線へ向かう若者たちが、
別れの記念に「第二ボタン」を
遺した話があります。

また、昭和時代の映画で、
出征する特攻隊員が恋人へ自分の軍服の
「第二ボタン」を渡すシーンが感動を呼び、
この風習の起源とされています。

これらの話には、
二度と会えないかもしれないという
深い感情が込められています。

また、第一ボタンを外すと服が乱れるのに対し、
「第二ボタン」は目立ちにくく、
心にも近いため、特に意味を持つとされています。

結論

「卒業式」で「第二ボタン」をもらう習慣が
減っていることに驚く人も多いでしょう。

しかし、今の時代ではそれが
一般的になりつつあるのかもしれません。

SNSの普及により、
卒業記念の作り方も変化しています。

大切なのは、卒業生自身の感情や
どのように記念を残すかの選択です。

卒業という重要な時をどう形にするかは、
これからも変わり続けることでしょう。

タイトルとURLをコピーしました