高校生が書く卒業文集の アイデアから始め方、締めくくりまで

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

子ども・学校
スポンサーリンク

高校生が卒業文集を作成する際、
どのように進めるべきか、
どんなトピックを選ぶか、
そして文集の開始や終わりはどうするか、
悩む点は多いでしょう。

そこで、卒業文集を書くための
ステップを紹介します。

高校生の卒業文集のテーマ探し

卒業文集を書き始めるにあたり、
まずはテーマを決めることが大切です。

高校生活を振り返り、
特に印象に残っている出来事や
思い出を思い出してみましょう。

すぐにピンとくるものがない場合は、
さまざまなイベントや経験を
リストアップしてみると良いでしょう。

入学式や卒業式、修学旅行、クラブ活動、
生徒会、校外学習、職場体験、進路相談、
受験勉強、文化祭、スポーツ大会など、
様々な体験をリストにしてみます。

リスト完成後、卒業文集に適したテーマを選び、
重要度で順位付けをします。

修学旅行の楽しい思い出や、
クラブ活動での頑張り、
受験勉強の大変さなど、
自分にとって意味のある
トピックを選んでください。

卒業文集の構成

テーマが決まれば、次は文集の構成を考えます。

一般的には以下のような構成が適しています。

– 書き出し
– テーマ1
– テーマ2
– テーマ3
– 結論

このフレームワークを基に、
選んだテーマに沿って詳細を書き足していけば、
内容の充実した卒業文集が完成します。

各テーマについて、適切な文字数を設定し、
書けるものから順に書き進めましょう。

内容が不足している場合は、
テーマを増やすなどして調整します。

草稿が完成したら、導入部と結論を書き足して、
卒業文集を締めくくります。

高校生の卒業文集の導入

導入部では、これから何について話すのか、
選んだテーマが何故大切なのかを
簡潔に示すことが大事です。

たとえば、
「高校生活で特に印象的だったエピソードは
XXで、その理由はXXです」
というように始めるといいでしょう。

重要なポイントが3つあるなら、
それぞれに言及してから、
本文で詳細を説明します。

例えば:

– 部活動に対する情熱は今でも忘れません。
朝早くから夜遅くまで練習に励みました。
– 2年生の修学旅行で見た京都の紅葉は、
今でも私の心に残っています。
– 高校生活で最も大変だったのは受験勉強で、
毎日の英単語テストは大変でしたが、
合格した時の喜びは今でも忘れられません。

これらのポイントを導入部で軽く触れ、
本文で深く掘り下げていくのが良いでしょう。

高校生の卒業文集の結び

卒業文集を締めくくるには、
高校生活を通じて得た経験が自分にとって
どう意味があったのかを
まとめることが望ましいです。

これらの経験をどう未来に生かしていくかに
焦点を当てて記述します。

以下のポイントが特に大切です。

– 周りへの感謝
– これから
– 自分自身の成長

高校時代にどう成長したのか、
どんな経験が将来に影響を与えるのか、
人生で得た教訓を振り返ります。

・周りへの感謝について
高校三年間、共に過ごした友達や先生に心から感謝しています
・これからのこと
高校生活で学んだ事(具体的に書く)を忘れずに今後の人生に活かしていきたいと思います
・自分の成長
高校生活を通して〇〇を学び、自分の成長の糧となりました

これからの人生において、
どうこれらの学びを活かしていくかを
考えてみましょう。

終わりに

この記事では、卒業文集を書くための
アプローチから始めて、
導入と結論の書き方に至るまでを
ご紹介しました。

高校3年間はさまざまな出来事でいっぱいですが、
それらを文集に書き記すことで、
価値ある記憶を形にすることができます。

すべてを一度に思い出すのは
難しいかもしれませんが、
ゆっくりと時間をかけて出来事を振り返り、
当時の状況や感じたことを詳細に
記録することで、充実した卒業文集を
作成することができるでしょう。

そして、これらの経験を今後の人生に
どう活かしていくかをつなげていけば、
より充実した卒業文集が完成するはずです。

タイトルとURLをコピーしました