喪中期間中に結婚式に出席するべきか? 不参加の場合のマナーと祝儀の扱い方

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

暮らし

喪中の際に結婚式への出席は適切ではないのか、
迷うことがあります。

親しい人から結婚式の招待を受けたとき、
祝福の気持ちはあるものの、
喪中であればどう対応すべきか
悩むことでしょう。

出席を控えるべきか、そしてそうする場合、
どのように返事をすべきか、
また祝儀はどうすれば良いのか、
これらの点について考えてみましょう。

忌明け後の結婚式への出席

最近では、喪中でも忌明け(49日)後であれば
結婚式に出席しても良いとされることが
増えています。

忌明けは一般的に
四十九日が経過した後を意味します。

現代では、多様な価値観や生活スタイルにより、
忌中を終えた後ならば結婚式に出席しても
問題ないと考える人もいます。

風習は時代や地域、家庭によって異なるため、
自分の状況に合わせた判断が推奨されます。

喪中の際の結婚式への出席

喪中である時に結婚式への出席をどうするかは、
一般的に悩ましい問題です。

通例として、喪中はお祝いごとから
距離を置く期間とされ、その間は
結婚式への出席を避けることが多いです。

しかし、仲の良い友人の結婚式なら、
できれば出席したいと思うこともあるでしょう。

決断を下す前に、自分が喪中である期間を
しっかりと確認することが重要です。

喪中期間の確認

喪中期間は、
その人との関係によって長さが変わるため、
注意が必要です。

喪中の期間はその人との関係によって異なります。

<続柄ごとの喪中期間>
続柄  喪中期間

祖父母  3~6ヶ月
両親・義両親  12~13ヶ月
曽祖父母・叔父叔母  喪中としない場合もあり
兄弟姉妹  30日~6ヶ月
子供   3~12ヶ月

通常、喪中期間は1年と思われがちですが、上の表にあるように、関係によってはより短い期間で喪中が終わることもあります。

親や兄弟姉妹の場合は、
数ヶ月から1年以上喪中とされることがあります。

予想していたより喪中期間が短かったり、
すでに終了していたりすることもあります。

喪中で結婚式に参加できない時の対処法

喪中に結婚式に出席できなくなった場合、
どのように対応し、
理由をどのように伝えるかを検討しましょう。

結婚式への出席を断る時には、
縁起の悪い言葉や直接的な表現を避け、
「やむをえない事情で」と伝えるのが適切です。

招待した側は通常、
大きな理由があることを理解してくれます。

欠席の理由について尋ねられたら、
「家族の不幸」などと簡潔に
説明することが適しています。

喪中時の結婚式欠席と祝儀の対応

喪中で結婚式に出席できない場合、
どのように祝儀を扱うべきかについて
考えましょう。

49日法要が終わった後、
できるだけ早く祝儀を贈ることが望ましいです。

直接手渡しできれば、
その時に状況を説明することが理想的です。

もし急に欠席することになり、
引き出物や料理のキャンセルができない場合は、
出席していたときと同じ金額の祝儀を
用意することを考えてみてください。

親しい友人の場合は、
キャンセル料の有無をさりげなく確認し、
追加費用がかかっていなければ、
1万円の祝儀でも適切かもしれません。

結論

喪中で結婚式に行けなくても、
状況を説明すれば理解してもらえるでしょう。

伝え方に誤解が生じないように注意すること、
そして招待状を受け取ったら、
すぐに自分の状況を伝え、
幸せを願う気持ちを伝えることが大切です。

祝儀の送付が遅れることについても、
予め伝えておくことで、
相手の理解を促すことができます。

タイトルとURLをコピーしました