お正月、仏前に包むお供え(お金)の金額の相場はいくら?

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

暮らし

新年に仏壇へお供えする現金は、
どのくらいの金額が適切でしょうか?

また、現金の記載方法とのし紙や
水引の正しい使い方についても解説します。

新年の仏壇への奉納金額

新年に仏壇にお供えする現金の相場は、
だいたい3,000円から5,000円程度が一般的です。

年始の挨拶やお供えとして、
相手の負担を考慮し、
高額過ぎない金額が望ましいです。

香典と比較してやや低めの金額が
適切とされています。

新年の仏壇への現金奉納時ののし・水引

新年に仏壇に現金を納める際、
一般的には「御供」と書かれた
無地ののし袋を使用することが推奨されます。

この習慣は地域や宗教によって
異なる場合もありますが、
通常は黄色と白ののし紙が用いられます。

関西地方では黄色と白の結び切りが
特に好まれています。

最も重要なのは、奉納する心持ちですので、
赤白以外の色で構いません。

表書きには「お供」、「ご仏前」、「志」など、
さまざまな表現が適切です。

故人が亡くなってから
時間が経っている場合は、
「御供」が良いです。

まとめ

新年に実家の仏壇へお供えする際は、
慶事用の一般的なのし紙を使用し、
「御供 氏名」と表記します。

地域や宗派による違いも
考慮することが大切です。

昔は米や大豆などの穀物を
仏壇に供えることが多かったですが、
現代では主に現金が用いられます。

この現金は家庭で使用することもありますし、
寺院への布施や、墓地や神社の修繕費や
管理費に充てられることもあります。

タイトルとURLをコピーしました