三河弁はどんな方言?!三河弁の魅力とその特徴!

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

未分類

 

愛知県の東部で話されるユニークな方言、
三河弁について紹介します。

 

三河弁はどんな方言?!

– **~に**

– 意味:~よ、という強調。-

**~りん**

– 意味:~してね、という依頼の形。

– **~じゃん**

– 意味:~だよね、という意味合い。

– **~だら**

– 意味:~でしょう?という問いかけ。

 

– あらすか:

「ほとんどない」という意味。

また、「ありえない」とも使われますが、
アラスカ州とは関係ありません。

– いきっとる:

「暑苦しい」という意味で、
特に湿度が高い暑さを表す時に使います。

– いっしょくた:

「まとめる」という意味。

– えらい:

「しんどい」という意味で、
疲れた時に使われる言葉。

「偉い」とは異なります。

– おいでん:

「来なさい」という意味で、
人を呼び寄せる時に使用します。

– **鍵をかう**

– 意味:三河弁で「鍵を閉める」を意味します。

一般的な「購入する」とは異なる注意が必要な表現です。

– **きんにょ**

– 意味:「昨日」のことを指す三河弁です。

末尾の「にょ」が特徴的な発音です。

**ぐろ**

– 意味:「隅の方」と表す三河弁。

一般的ではない表現です。

**けった**

– 意味:「自転車」を指す三河弁。

時には「けったマシーン」とも言います。

**こすい**

– 意味:「ずる賢い」という意味の三河弁。

日常会話で頻繁に使われます。

**さばくる**

– 意味:何かを探し回ること。

**車校**

– 意味:自動車教習所のこと。

**すいとる**

– 意味:何かが空いていること。

**ちいと**

– 意味:「少し」という意味の三河弁。

**ちょうらかす**

– 意味:からかうこと。

**でんしんぼう**

– 意味:「電柱」という意味の三河弁。

**どんごろ**

– 意味:セミの抜け殻を指す三河弁。

**なるい**

– 意味:三河弁で味や刺激が薄いことを表します。

**なんば**

– 意味:とうもろこしを意味する地域特有の表現。

**にすい**

– 意味:反応が鈍いことを示す三河弁。

*はよ**

– 意味:三河弁で「早く」という意味。

– **ほいだで**

– 意味:「だから」という接続詞。

**ほうか**

– 意味:休憩時間を指す言葉。

**ほかる**

– 意味:「捨てる」という意味の三河弁。

**まーはい**

– 意味:「もう」という意味の日常的な言葉。

**まっと**

– 意味:「もっと」という意味。

– **まっといて**

– 意味:「待ってて」という意味。

**めっそ**

– 意味:目分量で調整すること。

**やぐい**

– 意味:壊れやすいことを表す三河弁。

**やっとかめ**

– 意味:長い間会っていなかったことを示す表現。

**よど**

– 意味:よだれのこと。- **らんごく**
– 意味:散らかっている状態。

**わけない**

– 意味:簡単なことを意味する。

**わらかす**

– 意味:人を笑わせること。

 

 

三河弁はどんな方言?!まとめ

三河弁は、「じゃん」「だら」「りん」
といった独特の語尾が特徴的で、名古屋弁とは
異なる独自性を持っています。

三河弁には標準語に似た言葉もありますが、
例えば「放課=休み時間」や「けったマシーン=自転車」
といったユニークな言葉も豊富です。

この記事では、次の内容に焦点を当てています:

 

これらは三河弁で使われる「や行」「ら行」
「わ行」の言葉と、特徴的な語尾の一部で、
これを通じて三河弁のユニークな表現や
使い方を理解することができます。

タイトルとURLをコピーしました