uberタクシー事前予約できない?日本でのuberでの配車と支払い方法ガイド!

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

未分類

 

スマートフォンアプリを使ってタクシーを呼び、
料金支払いまで行えるuberは、
その便利さで注目を集めています。

しかし、日本においては、
uberの「事前配車サービス」の利用が不可能です。

このサービスは、
あらかじめ日時を指定して
タクシーを予約できるものでしたが、
2021年9月現在では使えなくなっています。

この記事では、
uberを使った配車のリクエストから
支払い方法までを解説し、
加えて他のタクシー配車アプリについても
ご紹介します。

uberタクシー事前予約できない?

uberアプリでは
タクシーの配車と支払いが簡単にできますが、

日本国内では事前に予約する機能は
使用できません。

この事前配車機能はかつては利用可能でしたが、
2019年10月に終了しました。

公式サイトには今も
「事前配車リクエスト」の選択肢が
表示されているため、
ユーザーが混乱することもあります。

uberサポートに確認したところ、
現在日本では事前予約システムは
実施されていないことがわかりました。

事前配車サービスが利用できる国もあるものの、
日本では時間に余裕を持った配車リクエストか、
他のタクシー配車アプリの利用が
推奨されています。

この記事では、
他のタクシー配車アプリに関する
詳細も紹介しています。

Uberでのタクシーの呼び出し方

アプリ登録が完了したら、
Uberを使ってタクシーを呼んでみましょう。

まず、行き先をアプリに入力し、
タクシーの種類を選択した後、
乗車場所を指定します。

その後、「配車確定」ボタンを押し、
ドライバーが見つかるまで待ちます。

ドライバーが見つかったら、
その到着予定時間と現在位置が
アプリに表示され、必要に応じて
ドライバーに連絡することもできます。

乗車から支払いまでの手順

ドライバーが到着したら、アプリに表示される
ナンバープレートを確認してから乗り込みます。

目的地はすでにアプリで設定されているため、
運転手に改めて伝える必要はありません。

降車時にはアプリが自動的に支払いを処理し、
領収書が表示されます。

万が一忘れ物をした場合でも、
アプリから運転手に連絡することが可能です。

Uberで配車リクエストが通らない時の解決策

Uberでタクシーを呼びたい時に、
配車リクエストが通らないことがありますね。

この状況にはいくつかの原因が考えられます。

配車リクエストができない主な理由としては、
未払いの残高がある、
支払いが拒否されている、
Uberが対応していないエリアにいる、
利用可能なドライバーが見つからない、
メールアドレスや電話番号の
認証が完了していないなどが挙げられます。

これらの問題を解決すれば、
スムーズに配車リクエストを行うことができます。

それでは、
各問題の解決方法を具体的に見ていきましょう。

<利用可能なドライバーが見つからない場合>

利用可能なドライバーがいない場合は、
少し待ってから
もう一度配車リクエストを試してみるか、
他の移動手段を検討することがおすすめです。

<メールアドレスや電話番号の認証が未完了の場合>

Uberを使うには、
メールアドレスや電話番号の認証が必要です。

もしまだ認証が完了していなければ、
Uberから送られてくる認証メッセージを確認し、
指示に従って認証を完了させましょう。

<未払い残高がある場合>

アカウントに未払いの残高があると、
新たな配車リクエストができません。

この場合、
Uberアプリを開いて表示される指示に従い、
残高を清算するか、
次回乗車時に現金で支払うことを選べます。

電子決済が拒否された場合は、
登録情報を更新するか、
別の支払い方法を選択してください。

<支払いが拒否された場合>

設定された支払い方法に問題がある場合、
アプリの「Wallet(お支払い)」から
新しい支払い方法を追加することができます。

クレジットカード情報の更新や
新しいカード情報の手動入力を通じて
支払い方法を追加してみましょう。

特にカードの有効期限が切れている場合は、
この手順で更新が必要です。

<Uberの利用可能エリア外にいる場合>

Uberは全国どこでも使えるわけではありません。

2021年9月時点で
日本では15都市でUberが利用可能ですが、
それ以外の地域では利用できません。

もしUberのサービスエリア外にいる場合は、
残念ながらUberの配車サービスを
利用することはできず、
他の移動手段を探す必要があります。

Uberアプリの登録手順

Uberを利用するには、
最初にアプリをダウンロードして
登録する必要があります。

スマートフォンでアプリをダウンロードし、
位置情報の利用を許可した後、
電話番号とメールアドレスを登録して
パスワードを設定します。

名前の入力も要求されますが、
ニックネームでの登録でも問題ありません。

その後、
スムーズな支払いのために
クレジットカード情報の登録を行います。

Uberのクーポン活用方法

Uberでは、クーポンを使うことで
さらにお得にサービスを利用できます。

アプリ内のプロモーションコード入力欄に
特定のコードを入力すると割引が適用されます。

例えば「AFFJP2021」と入力すると、
総額4000円分の割引が受けられるなど、
経済的にもUberを享受することができます。

まとめ

Uberでは事前に
タクシーを予約することはできませんが、
24時間利用可能なため、
早朝や深夜などの時間帯でも便利に使えます。

Uberを上手に活用するためには、
配車リクエストができない場合の
対処法を知っておくことが大切です。

また、Uber以外にも事前配車サービスを
提供するアプリが日本にはありますので、
それらの利用も考慮すると良いでしょう。

Uber自体は事前配車ができないものの、
便利な機能が多くありますので、
ぜひ活用してみてください。

タイトルとURLをコピーしました