ディズニーとピクサーの違いは何?アニメ映画界の大手二社を比較

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

未分類

ディズニーとピクサー、これら二つのアニメーションスタジオの違いは何でしょうか?

ディズニーとピクサーのアニメ映画の特徴とその違い

ディズニーとピクサーのアニメ映画の中で最も注目すべき違いは、それぞれの企業が持つ権利の関係にあります。

ディズニーとピクサーはもともと異なる会社としてスタートしましたが、途中から両社の関係は密接なものになりました。

ピクサーがディズニーのサポートを行い、ピクサーの製作チームと経営陣がディズニーの経営に関わるようになり、最終的にピクサーはディズニーの一部門として組み込まれました。

これにより、現代のディズニーはピクサーの強い影響を受けていると言えます。

結局のところ、どちらのスタジオの制作チームが関わっているかによって違いが生じるため、作風やテーマだけでは制作スタジオを区別するのは難しいのです。

そして、ピクサーはディズニーの傘下にありながらも、独立したアニメーションスタジオとしての地位を保っています。

ピクサーがディズニーのブランドを維持する理由は、ピクサー創業者が元々ディズニー出身であること、及びディズニーブランドが持つ広範な利便性にあります。

ただし、ピクサーは自社のオリジナリティを尊重し、自分たちが主に関わった作品についてはしっかりと権利を主張しています。

ディズニー主導の長編アニメは「ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ」が制作を担当し、CGアニメーション作品は「ピクサー・アニメーション・スタジオ」が手掛けます。

たとえば「アナと雪の女王」や「ベイマックス」はCGアニメですが、これらは「ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ」の作品です。

このスタジオはCGアニメーションへの移行を進めており、それはコスト、スケジュール、市場の需要に応じた変化です。

このように、「ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ」と「ピクサー・アニメーション・スタジオ」が共にCGアニメ映画を制作しています。

ピクサーがディズニー内で担う役割

ピクサーはディズニーの一部として、ウォルト・ディズニー・カンパニーのスタジオ・コンテンツ部門に属しています。

ピクサーはディズニー・アニメーション・スタジオとは別に独立した企業として位置付けられていますが、2006年にディズニーによって買収され、完全子会社になりました。

両社の映画製作の傾向

ディズニー

おとぎ話やマーベルなどを題材にした作品が多く、主に人間や実在の動物が主役を務めることが多いです。

長い歴史を持つアニメーションスタジオとして、古典的な製作手法が特徴です。

ピクサー

オリジナルストーリーを重視し、モンスターや車、感情などの非現実的なキャラクターが主人公の作品が多いです。CGアニメーションの先駆者として、革新的な技術を用いた映画製作が特徴です。

ディズニーとピクサーのアニメ映画の相違点と買収の経緯

もともと全く別の会社であったディズニーとピクサーを比較することにはそれほど意味はないかもしれません。ディズニーはピクサーが制作した作品の配給を担当していましたが、ピクサーは「トイ・ストーリー」以降、一貫してフルCGアニメーションを制作してきました。

初期はフルCGの作品がピクサーのもの、手描きアニメーションがディズニーのものという明確な区分が存在していました。

しかし、ディズニーがCGアニメーションを取り入れ始めて以降、外見だけではどちらのスタジオの作品かを判断するのが困難になりました。

ピクサーがディズニーに買収されて以降は、両社間での人材交流も進み、作風が似通った作品が増えてきました。

例えば、「シュガーラッシュ」や「ベイマックス」といったディズニー作品は、そのテーマ性から初めはピクサーの作品と誤解されがちです。

また、ピクサーの「メリダとおそろしの森」には、ピクサーには珍しいプリンセスが登場します。

結局のところ、どちらのスタジオの制作チームが関わっているかによって違いが生じるため、作風やテーマだけでは制作スタジオを区別するのは難しいのです。

タイトルとURLをコピーしました