喪中はがきの切手はコンビニで買える?!適切な選択とマナー

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

未分類

通常、あまり使わない喪中ハガキの準備は、
慣れていないと難しいものです。

ハガキの印刷は終わったけれど、喪中ハガキにふさわしい
切手選びにはどのような考慮が必要でしょうか。

近くのコンビニで売っている切手で大丈夫か、
また、普通の切手を使ったり、料金を別途支払う方法は
失礼にあたるかもしれません。

これらの疑問に対する回答を調査しました。

喪中ハガキに適した切手は?

喪中ハガキは、喪に服している間の
年賀状送付の代替として用いられます。

そのため、
切手も控えめなデザインが好ましいです。

おすすめは、
郵便局で販売されている弔事用切手です。

例えば、
弔事用の63円普通切手(花文様)があります。

慶事用には種類が多いですが、
弔事用の選択肢は限られています。

普通切手を使っても良いのか?

喪中ハガキに普通切手を使っても届くことには
問題ありませんが、弔事用の切手が用意されているため、
そちらを使用することが望ましいとされています。

相手に配慮するためにも、弔事用の切手を選ぶのが一般的です。

コンビニで喪中ハガキの切手は買えるのか?

喪中ハガキ用の切手のコンビニでの
入手可能性について調べました。

結論としては、販売しているコンビニもあれば、
そうでないところもあります。

主要なコンビニチェーン(セブンイレブン、ローソン、
ファミリーマートなど)では取り扱いがありますが、
全店での販売は保証されていません。

そのため、コンビニで切手を購入する場合は、
事前に電話で在庫を確認することをお勧めします。

店舗の電話番号は、コンビニ名と地域名、
電話番号というキーワードで簡単に検索できます。

コンビニ以外での喪中ハガキ用切手購入方法

喪中ハガキに適した切手は「弔辞用普通切手」と呼ばれますが、
この切手や胡蝶蘭の絵が入った官製ハガキは、
コンビニ以外でどこで買えるのでしょうか?

一般的には、これらを発行している郵便局で
購入することができます。

また、日本郵便が運営するオンラインショップでも
購入可能です。

オンラインショップでは、胡蝶蘭のハガキが10枚単位、
弔辞用普通切手が100枚単位で販売されていますが、
郵便局では1枚から購入できます。

さらに、一部のチケットショップやオンラインストアでも
喪中ハガキ用の切手が手に入ることがあります。

ただし、胡蝶蘭のハガキは郵便局以外では
入手が難しいことが多いです。

東急ハンズや文具店、スーパーなどでは
「喪中ポストカード」も販売されています。

これらを利用して弔辞用普通切手と組み合わせて
使うことも良いでしょう。

コンビニでの喪中ハガキ用切手の入手可能性

コンビニで喪中ハガキ用の切手を購入できるかどうかは、
店舗によって異なります。

セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどの
大手コンビニでは取り扱いがある場合がありますが、
弔事用切手の取り扱いが全ての店舗であるとは限りません。

もしコンビニで見つからない場合は、
最寄りの郵便局へ行くか、日本郵便の
オンライン切手SHOPを利用すると良いでしょう。

切手SHOPでは切手が100枚単位で販売されますが、
郵便局なら1枚から購入できます。

喪中ハガキと切手の選び方とマナー

家族に不幸があった際、喪中のお知らせを
ハガキで行うことがありますが、日本郵便では
「喪中専用ハガキ」というものは販売していません。

そのため、一般的には「胡蝶蘭」の絵柄が描かれた
官製ハガキを喪中通知用として使うことが多いです。

この胡蝶蘭のハガキには緑色やブルーなどの色の選択肢があります。

これらは官製ハガキなので、別途切手を貼る必要はありません。

自然な日本語に修正した版

私製ハガキでも喪中通知は可能!切手はどう選ぶ?

官製ハガキ以外にも、事前に文面を印刷した
「喪中ポストカード」や、自分で作った「私製ハガキ」を
使用して喪中通知を行うことができます。

重要なのは切手の選び方です。

特に注目すべきは、喪中ハガキに適した
「弔辞用普通切手」です。

この切手のデザインは郵便局の
公式ウェブサイトで確認でき、
特徴的な紫色の花柄が描かれています
(弔事用63円普通切手花文様)。

価格は1枚63円ですが、慶事用の切手と
間違えないよう気を付けましょう。

大量の喪中ハガキを処理する際は、
郵便局で料金別納のスタンプを利用する方法もあります。

「年賀欠礼状」が喪中ハガキの正式名称です。

喪中ハガキを料金別納で出すことは問題ない?

多くのハガキを一度に処理する場合、
1枚ずつ切手を貼るのは大変です。

料金別納を利用すれば、この手間を省けます。

ただし、受取人によっては省略された手続きと
感じられることもあります。

そのため、弔事用の切手を使用する方が安全です。

切手の貼付が困難であれば、私製ハガキではなく
官製ハガキを使うのも良いでしょう。

官製ハガキにはヤマユリ、山桜、胡蝶蘭の
3種類がありますが、喪中ハガキには
胡蝶蘭のデザインがよく選ばれます。

喪中用切手の価格は?

喪中ハガキ用の切手は1枚63円(税込)で、
現在の官製ハガキと同じ価格です。

大量購入の場合は、例えば10枚で630円、
20枚で1230円となります。

官製ハガキの価格は2017年6月に52円から62円に上がり、
2019年10月の消費税増税で63円になりました。

年賀ハガキも同じ価格です。

時間がない方向け:喪中ハガキの印刷サービス

喪中ハガキの切手がコンビニで見つからない場合、
オンライン印刷サービスの利用を検討しては
いかがでしょうか。

デザインが豊富で、書く手間が省け、
価格も手頃です。

また、マナーに関する心配もなく、
挨拶文や宛名の作業も不要です。

喪中はがきの切手はコンビニで買える?!まとめ

喪中ハガキを出す際、切手の選び方には注意が必要です。

決まったルールはありませんが、
喪中ハガキの趣旨と受取人の感じ方を考えると、
弔事用切手の使用が適切です。

切手の貼付が難しい場合は、
官製ハガキの使用も選択肢に入れてみてください。

タイトルとURLをコピーしました