オーストラリアにない日本の文房具は?おすすめのお土産アイディアも!

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

未分類

オーストラリアでは手に入らない、日本独自のアイテムをご紹介します。ホームステイや移住を計画している方にとって、以下のような疑問はよくあることですよね。

オーストラリアに到着してから必要なアイテムが手に入らないと困ることがあるので、事前に知っておくと安心です。そこで、オーストラリアで入手困難な日本のアイテムをリサーチしました。

オーストラリアで手に入らない日本のアイテムや文房具、そして喜ばれるお土産について詳しく解説していきます。

オーストラリアで手に入らない日本のアイテム

オーストラリアへの留学が決まったけど、現地で入手できない日本のアイテムには何があるのかしら?

オーストラリアで入手できない日本のアイテムは、ひじきや特定の調味料を含む11種類があります。オーストラリアにはDAISOが存在するため、多くの日本製品は簡単に入手できますが、それでも輸入規制や市場の需要によって販売されていないアイテムもあります。オーストラリアは独自の生態系を守るために厳しい検疫規制を設けており、特定のアイテムの持ち込みが難しいのですが、正しく入国カードを記入すれば、持ち込むことができるアイテムも多くあります。それでは、具体的にどのようなアイテムがオーストラリアで入手困難なのかを見ていきましょう。
さらに、旅行や留学に便利なアイテムが見つかる100円ショップについての情報も、下記のリンクで紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

オーストラリアでは入手困難!日本独自のアイテムとお土産アイデア

オーストラリアへの留学や移住を予定している方向けに、オーストラリアでは入手が困難な日本独自のアイテムをピックアップしました。日本の日常生活でよく使われるものの中には、オーストラリアでは手に入らないアイテムが多くあります。そこで、オーストラリアで入手が難しい、特に注意が必要な11種類のアイテムを紹介します。

オーストラリアで入手困難な日本のアイテムは以下の通りです:

計量カップや計量スプーン:

オーストラリアで売られている計量カップやスプーンは、日本のものと単位が異なります。日本では1カップが200mlですが、オーストラリアでは250mlとなっています。そのため、日本のレシピを使う際には注意が必要です。また、日本で一般的な目盛り付きの計量スプーンも少ないため、慣れ親しんだ日本製のものを持って行くのが良いでしょう。

洗濯ネット:

オーストラリアの洗濯機は非常に強力であるため、洗濯中の衣類を保護する洗濯ネットが必要ですが、これもまた入手が困難です。日本から持参すると、衣類を守る上で非常に役立ちます。

日本のキャラクターグッズ:

オーストラリアでもポケモンのような一部のキャラクターグッズは入手できますが、アンパンマンのような日本独自のキャラクターはほとんど見かけません。子どもと一緒に移住する場合、日本のキャラクターグッズを持参すると喜ばれるでしょう。

麦茶ポット:

オーストラリアでは日本の麦茶ポットはほとんど見かけません。麦茶ポットは飲み物を保存するのに非常に便利ですが、オーストラリアではそれほど一般的ではないようです。たまに日本製品を取り扱うDAISOでも見かけることがありますが、日本で普段使っているような飲み物の作り置きをしたい場合は、日本から持って行くのが良いでしょう。

米びつ:

オーストラリアでは、お米の保存に専用の米びつを使う習慣が少なく、タッパーや他の容器で保存することが一般的です。オーストラリアの人々がお米を主食としないこともあり、米びつを見かける機会は少ないです。ただし、日本の米びつの便利さを知っている場合は、日本から持参すると便利です。

蚊取り線香:

オーストラリアでは蚊取り線香はほぼ販売されておらず、虫除けとしてはスプレータイプが主流です。日本の蚊取り線香は、オーストラリアでは珍しいアイテムですので、虫刺され対策として持っていくと便利です。

これらのアイテムはオーストラリアではあまり見かけることがなく、日本から持っていくと生活をより快適にすることができます。また、日本からのお土産としても喜ばれるでしょう。オーストラリアでの生活をスムーズに過ごすためにも、これらのアイテムの準備をお勧めします

– 卵焼き用フライパン:

オーストラリアでは一般的なフライパンはありますが、卵焼き専用の四角いフライパンはほとんど見かけません。海外では卵焼きよりもスクランブルエッグが一般的です。日本製の四角いフライパンの便利さを知ると、他のフライパンでは物足りなく感じるかもしれません。オーストラリアで卵焼きを楽しむなら、日本から持参することをお勧めします。

– たこ焼き器:

オーストラリアでは一般的ではなく、入手が難しいです。たこ焼き器は主要な家電店では購入できない可能性が高く、たこ焼きソースは入手できますが、器具自体は珍しい存在です。たこ焼きを作りたい場合、日本から持って行くのがベストです。

– サランラップ:

オーストラリアで販売されているサランラップは、日本製品と比べると破れやすく、お皿にくっつきにくいと評判です。そのため、多くの日本からの移住者が日本から大量に持って行くことがあります。日本製のサランラップを普段から使っている方は、オーストラリアのものとは異なる使い勝手に注意して、必要であれば日本から持参すると良いでしょう。

– ひじき:

オーストラリアではひじきが含む栄養成分のために輸入が禁止されており、市場で販売されていません。ひじきに含まれるヒ素の量が輸入禁止の理由ですが、日本での通常の摂取量では健康上問題ありません。持ち込みも可能ですが、適切な申告が必要です。

– 味の素やアジシオなどのうま味調味料

オーストラリアや一部の国ではこれらの調味料の販売が制限されています。鶏ガラスープも同様です。アジアンスーパーで見つかることもありますが、日本から持参することが確実です。

 

オーストラリアで見つかりにくい日本の文房具8選とその対策

オーストラリアへ留学や移住を計画している方にとって、日本でお馴染みの文房具が現地で手に入りにくいことがあるかもしれません。例えば、シャープペンシルのようなアイテムはオーストラリアで簡単には見つからないことがあります。そこで、オーストラリアで手に入りにくい日本の文房具8種類をリストアップしました。

オーストラリアで手に入りにくい日本の文房具は次のとおりです:

自立型ペンケース:

オーストラリアでは自立型のペンケースもあまり一般的ではなく、見つけるのが難しいです。

針なしホッチキス:

オーストラリアでは、針を使わないホッチキスはあまり普及しておらず、見つかりにくいです。

スティック型のはさみ:

持ち運びに便利なスティック型のはさみも、オーストラリアでは珍しいアイテムです。

ユニークなふせん:

日本で人気のあるキャラクターモチーフや特殊なデザインのふせんも、オーストラリアではあまり見かけません。

シャープペンシル:

オーストラリアでは鉛筆やボールペンが主流で、シャープペンシルはそれほど普及していません。大型文房具店や専門店では見つかることがありますが、一般的な店舗ではなかなか見つからないことが多いです。価格も日本より高い場合があるので、留学生は日本から持参することがおすすめです。

フリクションボールペン:

オーストラリアでは消えるインクを使用したフリクションボールペンもあまり一般的ではなく、限られた種類しか販売されていません。

蛍光ペン:

特にノック式の蛍光ペンはオーストラリアでは珍しく、販売されている種類も限られています。

ユニークな形の消しゴム:

日本で人気のキャラクターや食べ物をモチーフにした消しゴムは、オーストラリアではほとんど見かけません。

これらの文房具は、日本では一般的ですが、オーストラリアでは入手が困難なことが多いため、留学や移住の際には日本から持参することをお勧めします。また、これらのアイテムはオーストラリアで珍しいため、お土産としても喜ばれる可能性があります。

オーストラリア向けの日本のお土産

オーストラリアに旅行する際、日本からどのようなお土産を持って行けば喜ばれるのか、迷うことがありますね。実は、オーストラリアで人気の日本のお土産には、文房具やお菓子など様々な選択肢があります。これからオーストラリアでホームステイをする予定の方や、帰国時に日本からのお土産を考えている方には、以下のアイテムが特におすすめです。これらのお土産は、相手との交流を深める良い手段になります。

オーストラリアで喜ばれる日本のお土産は以下の通りです:

1. 日本語Tシャツ:

若者に人気の高い日本語がデザインされたTシャツは、ユニークで面白いとされ、オーストラリアで好評を博しています。

2. 和食器:

実用的でありながら美しいデザインの和食器は、インテリアとしても楽しめるため、オーストラリアで人気のお土産です。特に桜柄などの女性にも喜ばれるデザインがおすすめです。

3. 日本製文房具:

オーストラリアでは手に入りにくい種類のものが多く、特に高品質で種類豊富な日本製文房具は非常に人気があります。和柄のデザインが入った文房具などは、日本らしさが感じられて好評です。

4. 日本のお菓子:

独特の味わいを持つ日本のおせんべいやあられは、オーストラリアでは珍しく、喜ばれるアイテムです。ただし、タコせんべいのような特定の商品は避けた方がよいかもしれません。日本のチョコレート菓子も人気があります。

 

 

これらのアイテムは、オーストラリアで日本の文化を感じさせる素敵な贈り物として高い評価を受けています。移住先やホームステイ先での交流の一助となることでしょう。ただし、持ち運びの際の注意点や、割れ物への配慮も大切です。

タイトルとURLをコピーしました