おせちはなぜ日持ちする?具材の意味や伝統を紹介!

【PR】アフィリエイト広告を利用しています

未分類

日本のお正月料理、「おせち」は、
古来より重要な「五節句」に食べられる
伝統的な食事です。

特に新年の始まりである元旦には、
これらの特別な料理がよく食べられます。

おせちには、日常ではあまり見られない
豪華な食材が使われ、それぞれの食材や具材には、
家族の健康や幸福を願う深い意味が込められています。

おせち料理が日持ちする理由

お正月は歳神様をお迎えしておもてなしをする日です。

昔はこの期間中に台所での家事をすることが
歳神様に対する失礼とされていたため、
料理をしなくて済むように日持ちする食材を使って
おせち料理を作り、重箱に詰めていました。

最近では、年間を通じて忙しい女性たちが
お正月くらいは休むため、日持ちする料理が
好まれるようになっています。

おせち料理の重箱とその意義

おせち料理に使用される特別な重箱は、
「幸せが重なるように」という願いを込めて使われています。

これは、各々の皿に盛り付けると
保存の際にスペースを取り、別途蓋が必要になるため、
重ねられる重箱が便利であると考えられてきました。

通常、三段重や五段重が用いられ、
それぞれの段には異なる種類の料理が詰められます。

五段重の場合

– 一の重:祝いの肴として、黒豆、田作り、数の子などが入ります。
– 二の重:口取りや酢の物を詰めます。蒲鉾、伊達巻、栗きんとん、紅白なますなど。
– 三の重:海の幸や焼き物を入れます。鯛、ぶり、海老、蟹、いくらなど。
– 与の重(四の重):山の幸や煮物を詰めます。里芋、人参、れんこんなど。「四」という数字を避け、「与」と呼びます。
– 五の重:通常空で、「幸せがまだまだ増える余地がある」という意味が込められています。

三段重の場合

– 一の重:祝いの肴と口取りを詰めます。黒豆、栗きんとん、蒲鉾、昆布巻き、伊達巻など。
– 二の重:酢の物と焼き物を詰めます。紅白なます、酢だこ、ぶり、鯛など。
– 三の重:煮物を詰めます。昆布、こんにゃく、れんこん、くわいなど。

祝い肴三種の意味

祝い肴三種とは、おせち料理に欠かせない
基本的な三つの食材を指し、これらが揃っていると
おせちが成立するとされています。

関西では黒豆、数の子、たたき牛蒡が、
関東では黒豆、数の子、田作りが選ばれています。

おせちに含まれる代表的な具材とその象徴する意味

– 海老:

長寿を象徴し、長く生きることを願う意味があります。
赤い色は縁起が良く、魔除けの効果もあるとされています。

– 数の子:

子孫繁栄を表し、ニシンの多数の卵は豊穣を意味します。

– 黒豆:

勤勉さと健康を表わし、シワが長寿を象徴します。

– きんかん:

「金冠」という言葉遊びから、金運を意味します。

– 伊達巻:

華やかさを象徴し、巻物の形は学問や文化の発展を願う意味があります。

– 栗きんとん:

財産や金運を象徴し、過去には戦時の保存食としても利用されていました。

– 紅白なます:

お祝いを表し、大根とニンジンは家庭の安定や基盤を意味します。

– たたき牛蒡:

根の強さから安定や健康を象徴します。

– いくら:

子宝を願う意味があり、近年になっておせち料理に加わりました。

このように、おせち料理は単なる食事以上の意味を持ち、
日本の文化や伝統を色濃く反映しています。

お正月料理の具材とその伝統的な意味について

「めでたい」という言葉遊びから、
祝祭の席に欠かせない食材とされています。

牛蒡の肉巻き

牛蒡を使い、鶏肉や牛肉で巻いて甘辛く調理した料理です。

子供たちにも好まれる味わいで、
おせち料理の中でも特に親しまれています。

昆布の煮物

「よろこぶ」と昆布をかけた言葉遊びが由来で、
子宝に恵まれるという意味も込められています。

ぶり

出世魚として知られるぶりは、
成功や昇進を願う象徴です。

ごまめ・田作り

小さく切ったイワシの料理で、かつては
田んぼの肥料としても用いられていました。

これには豊作を願う意味が込められています。

れんこん

極楽浄土に咲く蓮の花を思わせ、
清らかな心を象徴します。

また、穴が多いことから、先の見通しの良い年を
願う意味があります。

紅白かまぼこ

形状が日の出を思わせることから、
新年に相応しいとされます。

紅は魔除けや喜びを、白は神聖さを表します。

くわい

大きな芽が特徴で、これも成功や昇進を願う意味を持ちます。

手綱こんにゃく

手綱を引き締めるように意志を固め、
困難に備える意味があります。

また、結び目は良い縁や家庭の幸せを願う
意味合いを持っています。

おせち料理と子どもたち

おせち料理は子どもにとって魅力に欠けることがあり、
「ハンバーグが食べたい」「カレーがいい」と言う声も
かつてはよく聞かれました。

しかし、おせちの由来や意味を知ることで、
その重要性や感謝の気持ちがわき起こり、
日本の伝統を引き継ぐ誇りを感じるようになるでしょう。

来年のお正月は、子どもたちとおせち料理の背景について
話しながら過ごすのも良い経験となります。

タイトルとURLをコピーしました